03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

【6199】 セラク 2023期

2023年04月12日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2023-6199-1.png

2023-6199-2.png


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

ITソリューション会社。IOTをキーワードにSI(ITシステム構築・運用、産業別IT支援、スマート化・Web)、DX(クラウド・セキュリティ・BIのカスタマーサクセス領域)、みどりクラウド事業を展開。主力のSI事業は金融・社会・情報通信システム、エンタープライズシステム、サービスマネジメント、ITインフラ・ITシステム運用、スマートソリューション、WEBシステム開発など。DX事業はサイバーセキュリティ、IoT・AIを用いたデータサイエンス、ビジネスインテリジェンス(クラウド型CRM「Salesforce.com」、ERP)。みどりクラウド事業は農業IoTサービス「みどりクラウド」、畜産業向けIoTサービス「ファームクラウド」の販売とサービス提供。その他、機械設計エンジニアリング事業は3DCAD分野の技術提供、機械・金型など受託設計のサービス提供。農業IoTサービスの温室環境モニタリングシステム「みどりクラウド」、CRM(SalesforceでNTTデータと協業)事業拡大を推進。2017年ピーズエンジニアリングを子会社化。2021年クラウド型デジタルヘルスケアサービス「バイタルプログラム」ベータ版リリース。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

1.業績予想の修正について
2023年8月期第2四半期(累計)連結業績予想数値の修正(2022年9月1日~2023年2月28日)
(単位:百万円)
売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属
する四半期純利益
1株当たり
四半期純利益
前回発表予想(A) 9,900 600 770 500 35円83銭
今回修正予想(B) 10,160 1,090 1,280 850 60円86銭
増減額(B-A) 260 490 510 350 -
増減率(%) 2.6 81.7 66.2 70.0 -
(ご参考)前期実績
(2022年8月期第2四半期)
8,485 391 694 457 32円91銭

2.修正の理由
当第2四半期連結累計期間につきましては、エンジニアの稼働率が改善傾向となったほか、販売費
及び一般管理費の削減
などにより、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する四半期純利益が当初
予想を大きく上回る見通しとなったため、上記の通り第2四半期(累計)連結業績予想値を修正いた
しました。
なお、通期の業績予想につきましては、第3四半期以降の投資状況に依るところが多いため2022年
10月14日の公表数値を据え置いております。また、今後、予想値の修正が必要と判断された場合は、
速やかに開示いたします。

当社グループが主にサービスを提供する情報産業分野においては、デジタル経済の急速な浸透により、クラウド
コンピューティング、AI、IoT、ビッグデータ、RPAなどの先端技術を活用した「デジタルトランスフォーメーショ
ン(DX)」推進の活発化に伴うIT投資需要は、堅調に推移するものと見込んでおります。最適なITインフラが企業
の経営戦略を支える重要な役割を担い、これら企業の需要に対応する質の高いITエンジニアの採用・育成の必要性
が加速度的に高まっております。
 このような環境の下、良質なエンジニアの育成によるサービスの価値向上に取り組むとともに、社内エンジニア
のDXシフトを強化してまいりました。
 これらの結果、当社グループの売上高は5,030,379千円(前年同期比22.4%増)、営業利益は494,493千円(前年
同期比150.7%増)、経常利益は636,190千円(前年同期比99.7%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は
405,553千円(前年同期比137.6%増)となりました。
 また、事業分野別のセグメント概況は、以下のとおりであります。
① システムインテグレーション事業
 システムインテグレーション事業においては、既存技術領域でのIT技術支援を推進し、長期安定的な分野であ
るITインフラ・クラウドテクノロジーや、デジタルクリエイティブ・WEB運営、システム開発などのサービスを
提供しております。
 当第1四半期連結累計期間においては、引き続き、「ITインフラの設計構築・運用」「システムの開発および運
用」等の成長領域におけるエンジニアの採用および育成に取り組んでまいりました。また、ビジネスパートナー
各社との連携強化による外部リソース活用の拡大に積極的に取り組みました。
 これらの結果、当セグメントの売上高は3,567,162千円(前年同期比18.8%増)、セグメント利益は292,077千
円(前年同期比123.0%増)となりました。
② デジタルトランスフォーメーション事業
 デジタルトランスフォーメーション事業においては、Salesforceの定着化支援を軸としたカスタマーサクセス
ソリューション事業のほかクラウドシステムの構築や運用、企業の情報資産を保護するサイバーセキュリティ等
の先端技術を用いたサービスを提供しております。
 当第1四半期連結累計期間において、カスタマーサクセスソリューション事業では、新規顧客開拓に注力した
ほか、人材採用や社内エンジニアのDXシフトを強化することにより、Salesforceエンジニアの育成・創出に取り
組みました。NTTデータ社およびりそなホールディングス社とのアライアンスにより、更なる新規顧客拡大を加
速させてまいります。
 これらの結果、当セグメントの売上高は1,224,041千円(前年同期比37.9%増)、セグメント利益は200,001千
円(前年同期比184.5%増)となりました。

③ みどりクラウド事業
 みどりクラウド事業では、ITを用いて農業・畜産・水産のDX化を支援する「みどりクラウド」「ファームクラ
ウド」などのプラットフォームサービス、一次産業をはじめとした各産業分野の個別課題を解決するソリューシ
ョンサービスを展開しております。
 当第1四半期連結累計期間においては、引き続きソリューションサービスの受注拡大に注力するとともに、フ
ードバリューチェーンにおけるDX化ソリューションの開発、提案に取り組んでまいりました。
 これらの結果、当セグメントの売上高は96,577千円(前年同期比12.3%増)、セグメント損失は12,165千円
(前年同期はセグメント損失2,775千円)となりました。
④ 機械設計エンジニアリング事業
 機械設計エンジニアリング事業においては、連結子会社である株式会社セラクビジネスソリューションズでの
3DCAD分野の技術、実験や性能検査などの品質管理に関わる技術、通信建設および情報通信に関する技術を提供
しております。
 当第1四半期連結累計期間においては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う市況の影響はあるもの
の、徐々にニーズの回復がみられ、稼働率が向上したことと、新しい技術領域での案件獲得が図られたことによ
り、売上は堅調に推移いたしました。引き続き、各領域での案件獲得が期待されることから、企業規模拡大に向
け積極的に採用及び育成に取り組んでまいります。
 これらの結果、当セグメントの売上高は154,391千円(前年同期比13.8%増)、セグメント利益は15,885千円
(前年同期はセグメント損失151千円)となりました。
⑤ その他事業
 その他事業においては、連結子会社である株式会社セラクECA(2022年8月26日に株式会社セラクCCCに
商号変更)での有料職業紹介・人材派遣・IT技術教育講座等のサービスを提供しておりましたが、Salesforce定
着化支援を行っているカスタマーサクセスソリューション事業を分割し(決議日:2022年8月26日、効力発生
日:2022年12月1日)、連結子会社である株式会社セラクCCCに承継させることにいたしました。
 これらの結果、当セグメントの売上高はありませんでした(前年同期はセグメント売上高なし)。セグメント
損失は1,304千円(前年同期はセグメント損失1,114千円)となりました。

・1Q決算説明
1Q決算説明動画
---------------------------------------
・感想

株価から17-19年800EPS32.0、20年1500EPS47.5、21年2000EPS89.8、22年1200EPS69.4
現在1745、EPS74.4、1Q:29.1*4=116、上期EPS60.8*2=121
目安:2400(PER20)-3000

3992ニーズウェル PER19.6、PBR3.57、売上成長+28.5、利益率16%
6199セラク PER21.3、PBR3.55、売上成長+17.3、利益率11.6%
4261アジアクエスト PER11.2、PBR2.42、売上成長+24.4、利益率15.7%

横比較するとなかなか厳しいな

2Q業績予想を出して来て堅調

---------1Q資料------------

・新たなDX事業が急成長している事
・初期研修を終えたエンジニアの案件アサイン
・当第2四半期以降は一定の利益率は確保しつつ、成長に向けた採用活動
・売上高は下期偏重の傾向が続く
・未経験エンジニアの多くはSIセグメントからスタート
・DXセグメントは、クラウドシステムの定着化支援事業を中心
・DXシフトを推進する
・当第1四半期は採用関連の投資が減少
・前期は当初計画を上回る採用を行った
・営業強化によって稼働率が98.3%まで向上
・当第1四半期末のエンジニア数は微減
・2023年8月期は一定の利益確保を図りながら成長に向けた採用

--------今後-------

・パートナー強化と一次請け案件の拡大に注力
・2027年8月期に売上高500億円、2023予想は200億
・セラクCCCはSaleforce関連領域のエンジニア数増加と事業規模の拡大

特に大きいのは2点あり
当第2四半期以降は一定の利益率は確保とDXシフトを推進
SIからDXへの変化と前期採用頑張ったから今期は利益率を確保するという
2点は非常に大きい

売上も右肩上がり、PERは現在で23だが上方も来そう
懸念は直近株価が1.5倍上がっていることだが
それでも過去比較すると22年に下がった分割安
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【6432】 竹内製作所 2023期

2023年04月12日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2023-6432-1.png
2023-6432-2.png



※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

小型建設機械メーカー。小型建機に特化、グローバル市場向けに「TAKEUCHI」ブランドの建設機械(ミニショベル・油圧ショベル、クローラーローダー、クローラーキャリア)を製造・販売。世界で初めてミニショベルおよびクローラーローダーを開発。製品は居住区域での都市型土木工事や小規模工事向けが中心(ミニショベルは住宅建築の基礎工事、ガス管・水道管・道路などの生活インフラ工事向け。クローラーローダーは土砂の運搬・積込、不整地での掘削・整地向け)。ミニショベル(6t未満)はEU2位・北米5位、製造は国内3工場・海外1工場(中国)、販売先は欧州・北米を中心に95%以上が海外向け。電池式建機のラインアップ拡充に向け製品開発に取り組む。2018年撹拌機事業をエムケー精工<5906>に譲渡。主要取引先はUnited Rentals, Inc.、HUPPENKOTHEN GmbH & Co KG。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

このような環境下にあっても、衣食住の「住」に深く関わり、社会インフラを支えるエッセンシャル事業に必要不
可欠な当社製品の需要は、今後も安定拡大が見込めると考えており、当社グループでは生産能力の増強に取り組んで
おります。2022年4月に取得した米国サウスカロライナ州の工場におきまして、2022年9月からクローラーローダー
の生産を開始しました。同製品の9割以上が米国で販売されており、今後は世界最大の市場である米国で生産するこ
とにより、リードタイムを短縮し、より機動的な供給体制を構築することで、販売台数と市場シェアの拡大を図りま
す。販売面では、2022年9月にミニショベルの新製品「TB335R」を市場投入しました。
また、当社グループの製品需要は欧米ともに好調を維持しており、当連結会計年度の受注高は2,358億6千4百万円
(前連結会計年度比2.6%増)となりました。一方、新型コロナウイルス感染拡大の影響長期化、慢性的な部品不足、
及び不安定な海外情勢等の複合的な要因により、部品入荷の遅延が依然続いております。これに伴い、当社グループ
の生産台数は前連結会計年度をやや下回り、当連結会計年度の受注残高は1,907億4千7百万円(同42.5%増)となり
ました。
以上により、当連結会計年度の売上高は過去最高の1,789億6千6百万円(前連結会計年度比27.0%増)となり、利
益面におきましても、各段階利益はそれぞれ過去最高となりました。原材料価格の上昇及び運搬費の増加等の減益要
因はあったものの、販売台数の増加に伴う売上高の増加、製品価格の値上げ、及び円安影響等により、営業利益は212
億2千1百万円(同19.5%増)となり、経常利益は213億7千9百万円(同18.2%増)となりました。親会社株主に帰
属する当期純利益は、税金費用を53億9千9百万円計上したため、159億7千9百万円(同19.7%増)となりました。
 セグメント別の経営成績は次のとおりであります。
(日本)
日本セグメントは、売上高のほとんどが欧州ディストリビューター向けの販売で占められております。欧州では、
ウクライナ侵攻や世界的な原材料価格の高騰等を背景とした物価上昇から、政策金利が引き上げられるなど先行きは
引き続き不透明な状況にありましたが、製品販売は引き続き好調に推移しました。欧州ディストリビューター向けの
ミニショベル及び油圧ショベルの販売台数は大きく増加し、売上高は606億5千8百万円(前連結会計年度比23.8%
増)となりました。セグメント利益は、原材料価格及び運搬費の増加等の減益要因はあったものの、売上高の増加、
製品価格の値上げ、及び円安影響等により、132億9百万円(同6.1%増)となりました。
(米国)
米国セグメントでは、住宅市場において金利上昇と木材等の材料不足が懸案事項ではあるものの、製品販売は引き
続き好調に推移しました。米国ではミニショベル、油圧ショベル及びクローラーローダーの販売台数が大きく増加
し、製品価格の値上げ、及び円安影響等により、売上高は985億6百万円(前連結会計年度比43.4%増)となり、セグ
メント利益は98億9千5百万円(同56.0%増)となりました。
(英国)
英国セグメントでは、製品需要は好調を維持したものの、現地での製品在庫の不足により、販売台数は前年同期に
比べて減少しました。製品価格の値上げや円安影響はあったものの、売上高は121億3千万円(前連結会計年度比
12.9%減)となり、セグメント利益は11億1百万円(同12.3%減)となりました。
(フランス)
フランスセグメントでは、製品需要は好調を維持したものの、現地での製品在庫の不足により、販売台数は前年同
期に比べて減少しました。製品価格の値上げや円安影響はあったものの、売上高は75億2千3百万円(前連結会計年
度比18.3%減)となり、セグメント利益は6億8千2百万円(同9.6%増)となりました。
(中国)
中国セグメントでは、東南アジア向けに製品を販売したこと等により、売上高は1億4千7百万円(前連結会計年
度比122.7%増)となりましたが、原材料価格の高騰により、セグメント利益は2千万円(同76.1%減)となりまし
た。


全従業員を対象とした賃金の引き上げに関するお知らせ
当社は、下記のとおり賃金の引き上げを決定しましたので、お知らせいたします。

1. 背景と目的
当社は、中期経営計画(2022 年度~2024 年度)の重点施策として「人的資本への投資」を掲げ
ております。「人財こそが企業力の源泉」「人への分配はコストではなく未来への投資」との基本認
識のもと、従業員一人ひとりの力を最大限に引き出し、活躍の場を創るための施策を強力に推し
進めております。
この度の賃金の引き上げは、中期経営計画の重点施策を具現化するため、昨年度に引き続き当
社単体で2年連続実施するものです。この他にも、教育研修の強化、健康経営の実践、ワークライ
フバランスの向上等に取り組むことにより、従業員のモチベーション向上、優秀な人財の獲得、さ
らには企業としての競争力の向上につなげてまいります。
2. 概要
(1)対象者
正社員、嘱託社員、契約社員、外国人技能実習生及びパート社員
(2)実施内容
給与水準の底上げを図るベースアップに加え、定期昇給及び賞与により、役割と貢献に応
じて昨年度比平均 10%の年収アップとする予定です。

4Q説明資料
---------------------------------------
・感想

株価から21-22で2800EPS335.2、20年2000EPS204.8、19年1850EPS190.6、
18年2500EPS238.8、17年2200EPS200.2
現在3,285EPS360.8予想、4QEPS105.9*4=424
目安:3500-4000

主に為替影響が要因

原料高は値上げでプラマイゼロ
増収効果40億、他運搬費増の影響も

ただ来期の見通しは比較的良くて
運搬費62億プラス見込み

給与増加計画が出ているが予想値には含まれているでしょう
過去比ではそこまで安くなく主な要因が為替なので微妙か
来期は運搬費が下がれば業績良いが、会社の変化では余りない

受注残が+42.5%増とかなり高いが工場の限界値があるので
これ以上は新工場建設により増える
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【3697】 SHIFT 2023期

2023年04月12日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2023-3697-1.png

2023-3697-2.png


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

ソフトウェア品質保証サービス会社。ソフトウェアテスト事業はコンサルティング、ソリューション、ヒンシツ(品質)プラットフォームにより顧客が開発したソフトウェアのテスト工程業務を支援。エンタープライズ市場・エンターテインメント市場向けコンサルティング(プロジェクトマネジメント、テスト戦略立案支援)、ソリューション(ソフトウェアテストのアウトソーシング、テストスクリプト作成業務、テスト実行)、ヒンシツプラットフォーム(テストエンジニア評価「CAT」検定、スコアリング評価・データ分析等)の各サービスを提供。テスト業務に適した人材発掘(テストエンジニア評価「CAT検定」)、テスト管理ツール「CAT」、品質保証のナレッジ提供によりテストフェーズを効率化。その他、品質管理工程やデバック業務のアウトソーシングとサポート。エンジニアと開発案件のマッチングプラットフォーム構築を推進。2015年FFRIセキュリティ<3692>、フィックスターズ<3687>と業務提携。2016年ERPのワークスアプリケーションズと資本業務提携。2018年RPAテクノロジーズ<6572>と業務提携、マネーフォワード<3994>と業務提携。2021年ぐるなび<2440>と資本業務提携。


---------------------------------------
・グラフ/会社資料

当社グループがサービスを提供するソフトウェア関連市場においては、複雑化・老朽化・ブラックボックス化し
た既存システムが残存した場合に想定される国際競争への遅れや我が国の経済の停滞などを指す「2025年の崖」が
ますます近づいてきた中で、産業界全体に変革を起こすDX(デジタル・トランスフォーメーション)という概念が
浸透し続けております。その中で、既存システムのクラウド環境などへの移行を図ることでコスト削減を実現する
「守りのDX」とITを駆使して新ビジネスを立ち上げる「攻めのDX」の両方に対しサービス提供が出来る人材の確保
や育成、再教育(リスキリング)が重要になると考えております。
また、リモートワークの進展により、ネットワークやアプリケーションを中心に社会全体におけるセキュリティ
領域への注目が集まる中、Emotetをはじめとしたマルウェアへの感染や、ソフトウェアの脆弱性を悪用した攻撃等
によるセキュリティリスクの顕在化が進み、その重要性は一層高まってきております。
こうした経営環境の中、当社グループでは売上高1,000億円企業に向けた成長戦略「SHIFT1000 -シフトワンサウ
ザンド-」を掲げており、その実現に向け、引き続き営業力の強化による顧客基盤の拡大、構造化・数式化され科学
されたM&A戦略の実現、IT業界の構造変化に合わせたサービス提供力の向上、多様な人材獲得手法の展開を重点課
題として取り組んでおります。
この結果、当第2四半期連結累計期間においては売上高40,343百万円(前年同期比35.1%増)、営業利益5,082百
万円(前年同期比32.8%増)となりました。加えて特別損失として投資有価証券評価損1,573百万円を計上しており
ます。これにより、親会社株主に帰属する四半期純利益は2,185百万円(前年同期比17.9%減)となりました。

2023-3697-資料1

2023-3697-資料2

2023-3697-資料3

2023-3697-資料4

2Q決算説明動画
---------------------------------------
・感想

株価から18-19で5000EPS65.5、20年12000EPS104.5、21-22年20000EPS282.8
現在25,870EPS356.9、2QEPS54も特損15億を抜かすとEPS139 *4=556
季節性考慮して90%でEPS500程、過去比で目安40000-50000

営業利益改善理由が
・オペレーションの改善と採用の効率化
・顧客月額売上単価上昇
・稼働率改善、単価適正化の促進
・1Qの積極的採用投資
・クロスセル/PMIなどが進み平均顧客単価も大きく伸長
・大型顧客の拡大が順調に進む
・各業界で満遍なく順調な拡大
・アサイン管理やエンジニア・顧客単価の改善
・上期として過去最高の応募者数、採用者数を達成

今後の動き
・営業人数を拡大させ、さらなる新規獲得を狙う

テストのアウトソーシング系はまだシェアが非常に少ないので
今後も成長見込み
しかし、きれいな右肩上がりだなぁ

兎に角堅調でコロナ後に一気に伸ばしたが
更に伸ばしている21年後半から少し株価は横ばいなので
抜ければ伸びる可能性も、それが出来る決算にはなった

PER70台なので売上30%成長は必須
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |