02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

【5125】 ファインズ 2023期

2023年03月21日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2023-5125-1.png


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

動画や店舗データを活用したDX支援会社。Videoクラウド事業(動画を起点に企業のマーケティングDXを支援)、店舗クラウド事業(店舗向け予約・顧客管理システムを活用した店舗DXを支援)を展開。Videoクラウド事業は動画制作サービス(7700社超の実績)、動画配信プラットフォームサービス(Video クラウド、XR領域への拡張機能)、DXコンサルティングの3サービスを提供。専用のプラットフォーム上での配信、分析・改善、データ活用からDXの推進に至るまで一気通貫したサービスを確立。店舗クラウド事業は24時間予約可能な予約・顧客管理システム「TSUNAGU」を提供。2019年動画配信プラットフォームサービス「Videoクラウド」の提供開始。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

当第2四半期累計期間においては、新型コロナウイルス感染症による経済活動の制限が緩和され経済回復が期待
される一方、世界的に金融引締めが進む中で金融資本市場の変動や原材料価格の高騰等、景気下振れリスクが高ま
り、依然として先行きが不透明な状態が続いておりました。
 しかしながら、当社の位置するDX市場は2030年に5兆1,957億円(注2)に達する見込みとされるなど、社会全
体としてDXへの関心やニーズへの高まりが定着しつつあり、当社にとっては継続的に追い風の状況が続いているも
のと考えております。
 このような環境下において当社は、主力サービスである「Videoクラウド」の販売に注力し、積極的な事業活動
を行った結果、累計取引社数が20,000社を突破いたしました。売上高については業績予想に対して順調に推移して
おります。また、早期に人員を育成できる体制を構築したことで、内製化率が第1四半期に引き続き高い水準で推
移した結果、売上原価が抑制されております。これにより、当第2四半期累計期間における各段階利益は、業績予
想を上回る進捗となりました。
 以上の結果、当第2四半期累計期間の売上高は1,444,988千円、営業利益は388,564千円、経常利益は388,568千
円、四半期純利益は262,615千円となりました。
(注)1.Small and Medium Businessの略称。中小企業事業者や個人事業主等を指す。
(注)2.「2022 デジタルトランスフォーメーション市場の将来展望」富士キメラ総研
 当第2四半期累計期間の経営成績をセグメント別に示すと、次のとおりであります。

a.Videoクラウド事業
 当事業では、主力サービスである「Videoクラウド」の販売に注力し、積極的な事業活動を行った結果、2021年
4月に本格リリースした動画配信プラットフォームサービス「Videoクラウド」に関しては、導入実績社数が2,500
社に迫る等、順調に拡大しており、ストック収益の積み上げに寄与しております。さらに、Videoクラウドで得ら
れた視聴データを元に企業のDX支援を行うDXコンサルティングサービスに関する業績も順調に推移しております。
その結果、売上高は1,389,022千円、セグメント利益は650,074千円となりました。

b.店舗クラウド事業
 当事業は、2022年6月期を以って新規販売を停止しており、既存顧客のみへのサービス提供を行っております。
その結果、売上高は55,966千円、セグメント利益は49,497千円となりました。

2023-5125-資料1
2023-5125-資料2

2Q決算動画
---------------------------------------
・感想

株価は22年のみ1600EPS101 PER12.4倍
横だと先の上げたアジアクエストPER12.9倍は動画とDXコンサル、9658ビジ太田昭はITコンサルと開発PER12.8倍
横比較だと同じくらいか9658ビジは成長率が少し弱いが比較するならアジアクエストかな
ただ、こちらは動画サービスメインで向こうはクラウド・AI・Iotなど内容は大きく違うかも
動画制作サービス市場が2200億ほどなので成長しているとしても
ある程度行ったとしても頭打ちが出てくる可能性はある

横に進展して欲しいが店舗クラウドの新規販売停止と不安
売上成長率が
1,937→2,199(13.5%)→2,595(18%)→2,979(14.7%)

もう少し欲しいが、堅調に推移はしている

何といってもKPIで動画単価が2Qに激減、外注増による内製化率の低下が
少し気になるが案件数が増えた、逆に2Qからコンサル新入社員が寄与してきた
Videoクラウドの推移も堅調、もう少し様子見る必要はあるかも
1Qは上場費用あり、内製化率が上がれば利益率がまだ上がりそう

3/20 被保険者291人
5/05 被保険者304人

大株主 EPARKが売却中で株価は低迷
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |