04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2022/05/06 取引

2022年05月06日
本日+1800000円

プラスの時は報告が早い

システム差-70000
株取引 | コメント(0) | トラックバック(0)

【APA】 エイピーエイ

2022年05月06日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

APAグラフ1

APAグラフ2

時価総額(5/7):133.8億$
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

報告されている生産量は日量404,000バレル、エジプト非支配持分と税金を除いた調整後の生産量は日量322,000バレ ル;

営業活動による純キャッシュは8億9,100万ドル、調整後EBITDAXは17億ドル、フリーキャッシュフローは前四半期比39%増の6億7,500万ドルを創出。

スリナム共和国沖合58ブロックの探鉱井「Krabdagu」での発見を発表、53ブロックの探鉱井「Rasper」を竣工;

13億ドルの債券を償還し、2億6千万ドル超のAPA株式を買い戻したこと。

以前発表したデラウェア州盆地の鉱物パッケージとキネティック社の普通株式の売却により、約10億ドルの収入を得た。.

アパ・コーポレーション(Nasdaq: APA)は本日、2022年第1四半期の財務・経営成績を発表しました。

APAの普通株式に帰属する当期純利益は19億ドル、希薄化後1株当たり5.43ドルとなりました。業績の比較可能性に影響を与える項目、特に2月のアルタス・ミッドストリームの経営統合の完了に伴う利益と3月のデラウェア盆地の鉱物パッケージの売却を調整すると、APAの第1四半期の利益は6億6800万ドル(希釈後1株あたり1.92ドル)となりました。営業活動から得た純現金は8億9,100万ドル、調整後EBITDAXは17億ドルでした。同社は当四半期に6億7500万ドルのフリーキャッシュフローを生み出し、最近のストリップオイル・ガス価格では、2022年通年で約29億ドルのフリーキャッシュフローを生み出すと予想されます。

「APAの第1四半期の業績は、エジプトにおける生産物分与契約の近代化による利益を反映し、多様でヘッジのない上流の石油・ガス資源のポートフォリオの強さを示しています。「第1四半期には、13億ドルの社債発行残高の削減、配当と自社株買いによる3億ドル以上の株主還元、Altus Midstreamの取引完了とそれに伴う非連結化など、多くの重要な成果を挙げることができました。

「米国では、パーミアン・ベースンにおける坑井の性能が、ラテラルの延長と完成技術の向上により、予想を上回 る生産量を達成しました。スリナムのブロック58では、フローテストが完了し、クラブダグでは圧力ビルドアップテストが進行中で、今月末に完了する予定です。ブロック53では、3月下旬に試掘井「ラスパー」を掘削しましたが、まだ目標ゾーンに到達していません」と述べました。

First-Quarter Summary

第1四半期の報告生産量は日量404,000BOE、エジプトの非支配持分とタックスバレルを除いた調整生産量は日量322,000BOEでした。APAの第1四半期の上流設備投資は3億6,100万ドルで、エジプトと北海での活動が第2四半期に延期されたため、予想を下回る結果となりました。

債務削減の進捗と株主への資本還元

第1四半期に、APAは4月に満期を迎える2億1300万ドルの社債を償還し、大型の公開買付けを完了し、11億ドルの追加的な短期満期を解消しました。4月末にAPAは、18億ドルのリボルバーと15億ポンドの信用枠を新たに設定し、後者は北海での資産除去債務を支援するためのものです。

資本還元の枠組みの一環として、APA は当四半期に 720 万株の普通株式を 1 株当たり平均価格 36 ドルで買い戻し ました。2021年10月の買い戻しプログラム開始以来、2022年第1四半期末までの間に、APAは3840万株を一株当たり平均価格28.83ドルで買い戻しました。

Capital Guidance

APAは、スリナムでの掘削活動の増加および米国での非稼働活動の増加見込みを支援するため、通年の設備投資ガイダンスを約8%引き上げ、17億2,500万ドルとします。

「最近の地政学的な出来事と商品価格の上昇は、信頼できる豊富なエネルギー源の必要性を浮き彫りにしており、APAは安全かつ責任を持って世界の石油・ガス需要に応えることに注力しています。私たちは、資本投資プログラムと資本返還の枠組みに引き続き取り組み、現在の商品価格環境が年間を通じて持続する場合には、自社株買いを増やすことを想定しています。また、排出量の削減や従業員および地域社会の生活向上など、ESGの取り組みも同様に進めていきます」と述べています。

(百万)
石油収入 1,717
天然ガス収入 380
天然ガス液の収益 223

------------------------------
売却益が11.7億あります

税前で2/3くらい売却益かも
それで計算でEPS2かな(1.92ドル)

株価水準が2017-18年ほどで
EPSが1前後だとしたら割安か
2013-14年営業1500で今売却無しで1100程
EPSは2弱、株価はちょうど倍位

主な利益原因は原油の高騰前1Q:78→1Q:100
なので今後も原油の動きで決まりそう

デリバティブはそこまでなさそう
これだけ高騰しても損失出してないので
また流動負債など見ても少ないと判断

商品デリバティブ商品
2022年1月〜12月 NYMEXヘンリーハブ 43,800 2023年1月〜12月NYMEXヘンリーハブ29,200

原油銘柄ではQonQでの売上成長率は16%と高く、他にもFANGなどの方が率高いが
デリバティブを含めるとAPAがトップクラス

営業利益成長も売却益1176を外しても76%とかなり高い
販売量がQonQで増加した関係もありそうで、特に国際向けの販売量が増加している
(非支配持分と税バレルを除くと減っている)
国債比率は半々程。
1Qは6億7500万ドルのFCFで通期で約29億ドルFCFを予想で残り四半期平均が7.41億FCFになる

第1四半期の上流設備投資は3億6,100万ドルで、エジプトと北海での活動が第2四半期に延期されたため、
予想を下回る結果と記載があるので設備投資が2Qでは少し増える可能性も。

石油価格に関しては他銘柄より5$ちょい高い、推測だが国際マーケット向けが
ある程度あるので国内より高い分かなとの考えにしてます。でも前4Q時は同じくらいだったんだよな~

7月22日に配当12.5セント
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【MGPI】 MGPイングリディエンツ

2022年05月06日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

MGPIグラフ1

MGPIグラフ2

時価総額(5/7):21.06億$
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

MGP Ingredients, Inc.(Nasdaq: MGPI) は、プレミアム蒸留酒、ブランドスピリッツ、食品素材ソリューションの大手メーカーです。1941年の設立以来、卓越した調合と、顧客との協働による製品アイデアの実現を目指し、専門知識とエネルギーを結集してきました。

2022 第1四半期の連結業績は、2021年第1四半期と比較して


-売上高は、各報告セグメントにおける売上増加の結果、80.2%増加し、1億9,520万ドルとなりました。
-売上総利益は、前年同期比122.4%増加の7,180万ドル、売上高比率は36.8%となりました。
-営業利益は144.3%増加の5,010万ドル、調整後営業利益は123.7%増加の5,010万ドル。
-当期純利益は142.2%増加の3,740万ドル、調整後当期純利益は117.3%増加の3,740万ド ルとなりました。
-調整後EBITDAは115.2%増加し、5,540万ドルとなりました。
-基本的および希薄化後1株当り利益(EPS)は0.90ドルから1.69ドルに増加、調整後1株当り利益は1.01ドルから 1.69ドルに増加。

「MGP イングリディエンツの社長兼 CEO であるデイビッド・コロは、「当四半期も引き続き好調で、連結業績として過去最高を記録したことを大変喜ばしく思っています。プレミアム飲料用アルコールの売上高は前年同期比 37.7%増、褐色製品売上高はディスティリン グ・ソリューションズ事業における熟成ウイスキーや新留分の売上増により、前年同期比 44.4% 増となりました」。ブランデッド スピリッツ事業では、プレミアム、スーパープレミアム、ウルトラプレミアムの各商品に対する消費者の需要が引き続 き旺盛であり、当社の幅広いブランドとスピリッツのファミリーは、今後もさらなる成長に向けて好位置につけると考え、 業績をさらに改善させました。また、当四半期の記録的な業績が示すとおり、イングレディエント・ソリューションズ事業における多様な製品群は、引き続き堅調な消費者動向と合致しています。

Distilling Solutions Segment
2022 年第 1 四半期のディスティリングソリューション部門の売上高は、主に熟成ウイスキーや新酒蒸留酒の売上増加によりプレミアム飲料用アルコールの売上が 37.7%増加し、25.8%増の 111.5 百万ドルでした。売上総利益は、2021 年第 1 四半期の 2820 万ドル(セグメント売上高比 31.9%)に対し、3890 万ドル(同 34.9%)に増加しました。

Branded Spirits Segment
2022 年第 1 四半期のブランドスピリッツ部門の売上は、主に 2021 年 4 月 1 日のラクスコ買収により 5580 万ドルとなりました。売上総利益は 2480 万ドル、セグメント売上高の 44.5%に増加しました。

Ingredient Solutions Segment
2022 年第 1 四半期、Ingredient Solutions セグメントの売上高は 46.2%増の 2800 万ドルでした。売上総利益は、2021 年第 1 四半期の 400 万ドル、セグメント売上高比 20.7%に対し、810 万ドル、セグメント売上高比 29.0%に増加しました。

その他
2022 年第 1 四半期の広告宣伝費を含む全社販売費および一般管理費(以下「販管費」)は、主にラクスコの販管費を前提に、2021 年第 1 四半期に比べ 1,000 万ドル増加し 2,180 万ドルに達しました。

当四半期の法人実効税率は23.0%となり、前年同期と同水準となりました。

「今年も好調なスタートを切ることができ、引き続き長期的な成長戦略の実行に専念しています」とコ ロは述べました。「各事業分野を支えている基本的なマクロの消費動向は、引き続き堅調に推移していると考えています。最近発表した3つの拡張プロジェクトは引き続き順調に進んでおり、これにより、引き続き旺盛な需要に対応することができると考えています。当社の資本配分戦略は、引き続き有機的および買収的な成長に重点を置いており、これは当社の長期的な 戦略とよく合致しています。

2022 Outlook
MGPは、2022年度の連結ガイダンスを以下のように確認しています。
-売上高は、6億9,000万米ドルから7億1,500万米ドルの範囲に収まる見込みです。
-調整後EBITDAは1億5,000万ドルから1億5,700万ドルの範囲となる見込みです。
-基本的な調整後1株当り利益は4.15ドルから4.35ドルの範囲と予想され、基本的な加重平均発行済み株式数は年末に約2,200万株と予想されます。

私たちのブランドスピリッツの使命は、消費者、同僚、ビジネスパートナーのニーズを満たし、期待を上回ることです。ラクスコの受賞歴のある蒸留酒のポートフォリオには、5つの蒸留所の有名な ブランドが含まれています。ケンタッキー州バーズタウンを拠点とするLux Row Distillersは、Ezra Brooks、Rebel、Blood Oath、David Nicholson、Daviess Countyを製造し、ケンタッキー州レバノンを拠点とするLimestone Branch DistilleryはYellowstone Kentucky Straight Bourbon Whiskey、Minor Case Straight Rye Whiskey、Bowling & Burch Ginを製造している。メキシコ・ハリスコ州を拠点とするデスティラドーラ・ゴンサレス・ラックスは、100%アガベのテキーラ、エル・マヨール、エキゾチコ、ドス・プリモスを製造しています。C.-また、ワシントンD.C.に拠点を置くグリーンハット蒸留所では、グリーンハットシリーズのジンを生産しています。革新的で高品質なブランドポートフォリオには、Everclear Grain Alcohol、Pearl Vodka、Saint Brendan's Irish Cream、The Quiet Man Irish Whiskeyなどの有名ブランドも含まれています。

さらに、イングリディエント・ソリューションズ分野では、お客様が植物の力を活用し、さまざまな食品に機能的・栄養的・感覚的なメリットを提供できるよう、特殊タンパク質やでんぷんなどを提供しています。

------------------------------------
株価水準から、直近株価は18年の高値程
まあ、高値なので平均ならもう2割ほど下か
2018年EPSは0.6と考えると倍で1.2更に2割増で1.4ちょい
1Qが1.69なので割安かも、季節性はあまり見られない

ポイントはラクスコ買収で2021/04から一気に売上増利益増してきた
チャート的には2018年高値を超えてこれからも期待は出来そう
成長という点では微成長になるかも
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【ECPG】 アンコール・キャピタル・グループ

2022年05月06日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

ECPGグラフ1

ECPGグラフ2


時価総額(5/7):14.98億$
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

アンコール・キャピタル・グループは、国際的な専門金融会社で、幅広い金融資産の中から消費者のために債務回復ソリューションやその他の関連サービスを提供しています。アンコール社は、世界中の子会社を通じて、大手銀行、信用組合、公共事業者から消費者債権のポートフォリオを購入しています。
Encoreは、個人が債務を返済する際にパートナーとなり、経済的回復への道を支援し、最終的に経済的な幸福を向上させます。アンコールは、消費者に業界をリードする約束を提供する消費者権利章典で運営される、この種の最初で唯一の会社です

2022年5月4日、サンディエゴ--国際的な専門金融会社であるアンコール・キャピタル・グループ(Encore Capital Group, Inc.(NASDAQ:ECPG)は本日、2022年3月31日に終了した第1四半期の連結決算を発表しました。
「第1四半期において、当社は引き続き戦略を実行し、財務目標を達成しました」と述べました。「当四半期の優れた業績は、主に米国事業である MCM の回収が想定を上回ったことによりもたらされました。ここ数四半期におけるMCMの継続的な回収超過の結果、一部のヴィンテージの推定残存回収率(ERC)を引き 上げました。当四半期の業績好調と将来への期待感の高まりにより、1億6,700万ドルが収益ラインに加わ り、当四半期の大幅な増益に貢献しました。"

「グローバル・ベースで見ると、当四半期のポートフォリオ購入額は1億7000万ドルで、前年同期とほぼ同じでした。チャージオフの減少による市場供給量の減少にもかかわらず、当社は魅力的なリターンでポートフォリオを取得し続けています。これは、当社の規律ある購買活動、優れた分析、回収効果によって可能になったものです。"

「当社の事業は、クラス最高のリターンと堅実なキャッシュフローを提供し、非常に好調に推移しています。その結果、当社の資本配分戦略に沿って、第1四半期にはアンコール社の株式を買い戻すことで、2600万ドルの資本を株主に還元しました。当社の強固なバランスシートにより、当社は、レバレッジ比率1が1.9xと目標範囲の下限にあり、資本市場に完全にアクセスできる状態で、十分な流動性を備えた将来のポートフォリオの購入機会を十分に活用できる体制を維持しています」とマシューは述べています。

--------------------------------------
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【CF】 CFインダストリーズ・ホールディングス

2022年05月06日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

CFグラフ1


時価総額(5/8):208.7億$
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

Highlights
-第1四半期の純利益は8億8,300万ドル(1)、EBITDA(2)は16億8,000万ドル、調整後EBITDA(2)は16億5,000万ドル。
-営業活動によるキャッシュ・フローは36.9億ドル、フリー・キャッシュ・フロー(3) は28.0億ドル。
-北米の製造拠点が、第1四半期のアンモニア、尿素硝酸アンモニウム(UAN)、ディーゼル排ガス液(DEF)の生産数量で過去最高を達成
-取締役会は、四半期配当を33%増やし、1株当たり0.40ドルとした。
-2022年4月21日に5億ドルの債務を償還し、長期債務総額は30億ドルに減少。
-2022年第1四半期に約1億ドルで約130万株を買い戻した。
-三井物産株式会社とCF Industries社は、米国においてブルーアンモニアを生産する輸出向けグリーンフィールド・アンモニア製造設備を共同開発する意向を発表しました。

CF Industries Holdings, Inc.の社長兼CEOであるTony Willは、「第1四半期に工場を極めて順調に稼働させ、北米の顧客が春の肥料散布シーズンに向けて準備できるよう、物流能力を大幅に拡大させた」と述べています。「世界の穀物在庫は依然として極端に少なく、ロシアのウクライナ侵攻によってその問題はさらに大きくなっています。世界の穀物在庫の補充には、少なくとも2〜3年かかると思われます。

Nitrogen Market Outlook

経営陣は、世界の窒素需要は旺盛で、世界の窒素供給は逼迫しており、北米と欧州・アジアの限界的な生産との間に大きなエネルギー差があることから、世界の窒素産業のダイナミクスは当面堅調に推移すると予想しています。

世界の窒素需要は、世界の穀物在庫を補充する必要性に支えられ、堅調に推移しています。世界の穀物在庫の使用量に対する比率が低いため、米国ではトウモロコシ、小麦、その他の穀物の先物価格が過去10年間で最も高い水準に達しています。これらの先物価格は、ロシアのウクライナ侵攻の影響を市場が評価する中で高止まりしています。このような作物価格は、高水準の穀物作付けを支え、最適な肥料散布を促すことになります。

世界の窒素在庫は極めて逼迫した状態が続いています。低コスト地域の生産者は高稼働しているようですが、エネルギーコストの高騰による欧州やアジアでの供給抑制、エジプト、トルコ、中国からの一部の窒素製品の輸出制限の継続、各種制裁措置や政府の輸出制限の直接的・間接的影響によるロシアからの窒素輸出の障害などにより、世界の供給は制限され続けています。

低コストの地域と比較して、欧州とアジアのエネルギー差は依然として大きい。このため、世界の窒素コストカーブは急勾配となり、低コストの北米生産者のマージン機会が増加している。フォワードカーブによれば、こうした有利なエネルギー差は2022年から2023年まで続くと思われる。

北米経営陣は、2022年の米国のトウモロコシ作付面積は、農家が米国農務省(USDA)に報告した作付意向を上回る9100万~9300万エーカーになると予測しています。投入コストが高いにもかかわらず、2022年のすべての作物の生産収益は歴史的に高いと予測されており、当社は、価格が3月の米国農務省の作付意図報告よりも多くのエーカーのトウモロコシを買い付けると信じています。米国の製造業と鉱業活動は好調を維持しており、同地域の窒素需要をさらに後押ししています。

インド経営陣は、インドが穀物生産を最大化するために必要な尿素の需要を満たすために、2022年を通して定期的な入札を継続すると予想しています。当社は、2022年のインドへの尿素輸入量は800万トン程度になると予想しており、近年の記録は下回っていますが、同国が世界最大の尿素輸入国であることに変わりはありません。

ブラジルブラジルにおける尿素の消費量は、高い作物価格、高い作付面積が見込まれるトウモロコシ、農家所得の向上に支えられ、2022年も堅調に推移すると予想されます。当社は、近年ブラジルに輸入されている硝酸アンモニウム(AN)の90%以上がロシア産であることから、ブラジルへの肥料貿易はロシアからの肥料製品の輸出障壁によって最も影響を受けるとみています。ブラジルの購買者は、ANを他の窒素肥料で代用する可能性があります。

欧州天然ガス価格は、ロシアのウクライナ侵攻とロシアからのガス流入の不確実性もあり、高止まりしている。欧州の天然ガスのフォワードカーブは歴史的な水準を超えており、窒素肥料生産者の収益性は厳しく、欧州の生産は世界の限界生産者という立場を余儀なくされています。

中国中国:中国政府は尿素の輸出を抑制し、国内での肥料の入手と値ごろ感を促進するための施策を実施しているため、中国からの尿素輸出は少なくとも2022年前半までは制限されると予想されます。経営陣は、2022 年下半期にある程度の窒素輸出が再開されると予想しています。

Operations Overview

当社は、ネットワーク全体で安全かつ効率的な運用を継続しています。2022年3月31日現在、12ヶ月間の平均記録可能事故率は20万労働時間あたり0.25件で、業界のベンチマークを大きく上回っています。

2022 年第 1 四半期のグロスアンモニア生産量は約 260 万トンでした。経営陣は、2022年のアンモニア総生産量は、通常の操業状況と計画的な保守活動の典型的な水準に戻ることを前提に、過去の水準(950~1,000万トン)に戻ると予想しています。

当四半期、CFインダストリーズ社は、そのロジスティクス能力を活用して顧客に製品を配送し、 北米における春のアプリケーションシーズンに向けて窒素のポジションをさらに高めました。当社は、過去 5 年間で最高の鉄道車両稼働率を達成し、過去 10 年間で最高の窒素の四半期鉄道輸送量を記録しました。第2四半期には、特に鉄道サービスの問題に関連して、サプライチェーンの混乱が発生しましたが、当社は引き続きその管理に努めます。また、CFインダストリーズは、米国の東海岸と西海岸にUANを輸送するため、通常の3倍の量の米国船籍の船舶をチャーターしています。

Financial Results Overview

2022年第1四半期の普通株主に帰属する純利益は8億8300万ドル(希薄化後1株当たり4.21ドル)、EBITDAは16億8000万ドル、調整後EBITDAは16億5000万ドルでした。これらの結果は、2021年の普通株主に帰属する純利益が1億5100万ドル(希薄化後1株当たり0.70ドル)、EBITDAが3億9800万ドル、調整後EBITDAが3億9800万ドルであったことと比較すると、その差は明らかです。

売上・原価の概要

2022 年第 1 四半期の売上高は、2021 年の 10 億ドルに対して 29 億ドルでした。2022年の平均販売価格は、世界的なエネルギーコストの上昇により世界的な稼働率が低下し、地政学的要因によって世界の肥料のサプライチェーンが混乱したため、世界的に需要が旺盛であると同時に供給力が低下したことにより、すべてのセグメントで2021年よりも高くなりました。2022年第1四半期の販売数量は、北米における稼働率の上昇により供給可能性が高まったため、2021年を上回りました。

2022 年第1四半期の売上原価は、主に天然ガスコストの上昇により、2021 年と比較して増加しました。

2022 年第1四半期において、当社の売上原価に反映された天然ガスの平均コストは、2021 年の 3.22 ドル/MMBtu に対し、6.48 ドル/MMBtu となりました。

Canada Revenue Agency Matter

当期純利益には、カナダと米国の税務当局の間で2000年代前半に遡り、両国間の利益配分と関連する税金の支払いに関する長年にわたる係争の解決に向けた72百万ドルの法人税費用と168百万ドルの税引き後純支払利息を認識したことによる影響が含まれています。この問題は、「所得に対する課税及び資本に対する課税に関するアメリカ合衆国とカナダとの間の条約」(条約)の二国間和解条項に基づいて争われており、2021年第2四半期に同条約の仲裁手続きに入りました。仲裁パネルは、2022年第1四半期にカナダの立場を支持する決定を下しました。この決定の結果、当社はカナダに対する推定支払額に関連する未払金を計上するとともに、主にその結果生じる外国税額控除による米国からの推定還付税額に関連する債権を計上しました。

三井物産株式会社とCF Industries社は、米国においてブルーアンモニアを生産するグリーンフィールド・アンモニア製造設備を共同開発する意向を表明しました。両社は、まもなくFEED(Front End Engineering Design)スタディを開始し、2023年にブルーアンモニア製造設備建設に関する最終投資決定を行う予定です。

ドナルドソンビル工場でブルーアンモニア生産が可能に

CF Industriesは、2億ドルを投じてルイジアナ州のDonaldsonville ComplexにCO2脱水・圧縮施設を建設します。2024年の完成時には、年間最大200万トンのCO2を脱水・圧縮する能力を有し、アンモニアプロセスの副産物の輸送と隔離を可能にします。この装置が稼働し、隔離が開始されると、ドナルドソンヴィル・コンプレックスは年間最大170万トンのブルーアンモニアを生産できるようになり、これは100万トンの純炭素アンモニアと同等になります。

Donaldsonville Green Ammonia Project

ドナルドソンビル・グリーンアンモニアプロジェクトは、ドナルドソンビルに電解装置を設置し、水からカーボンフリーの水素を発生させ、それを既存のアンモニア工場に供給してグリーンアンモニアを生産するもので、引き続き進行中です。すべての主要機器の発注が完了し、詳細設計も順調に進んでいます。2023年の完成後は、年間約20,000トンのグリーンアンモニアを生産することが可能になります。

uan アンチダンピングおよび相殺関税調査

2021年6月30日、CFインダストリーズは、その一部の生産拠点を通じて、米国商務省(Commerce)および米国国際貿易委員会(ITC)に、ロシアおよびトリニダードからのUANの輸入に対するアンチダンピングおよび相殺関税調査の開始を求める申立てを行いました。CF Industries は、ロシアとトリニダードからのダンピングと不当な補助金を受けた UAN 輸入により、国内 UAN 産業が受けた損害のために、これらの訴訟を提起しました。

2021年8月のITCによる肯定的な予備決定を受け、商務部はロシアとトリニダードからのUANの輸入について予備調査を行い、両国からの輸入が補助金とダンピング(公正価値より低い価格で販売されていること)であると判断しました。これらの決定の結果、商務部はロシアとトリニダードからのUANの輸入に対して、判明した補助金とダンピングのレベルに相当する現金預託の要件を課しました。現在、ロシアのUANの輸入には9.15%から127.19%の範囲、トリニダードのUANの輸入には111.64%に相当する保証金が課せられています。

商務部は現在、2022年6月に完了する予定の最終調査を実施しており、ITCは2022年夏に最終判断を下す予定です。米国法では、商務部がAD/CVD命令を出すためには、商務部およびITCの両方が最終的な肯定的判断を下す必要があり、この判断は少なくとも5年間継続されることになります。現時点では、両国からの輸入品にアンチダンピングまたは相殺関税が課されるかどうか、あるいはその税率を含め、手続 の結果を予測することはできません。

CFインダストリーズ社のアンモニア部門は、当社が製造するベース製品である窒素分82%、水素分18%の無水アンモニアを製造しています。アンモニアセグメントの業績は、窒素分を含む肥料用、排出権用およびその他の産業用のアンモニアの外部顧客に対する販売で構成されています。また、当社は、ブルーアンモニアおよびグリーンアンモニアを製造し、クリーンエネルギー用途の水素を含 有した製品を外部顧客に販売する計画を発表しています。さらに、当社はアンモニアを尿素、UAN、ANなど他の窒素製品にアップグレードしています。

-アンモニア販売量は、2022年第1四半期は、生産量増加による供給力増強により、2021年に比べ増加しました。
-アンモニアの平均販売価格は、世界的なエネルギーコストの上昇により世界的な稼働率が低下し、地政学的要因によって世界の肥料のサプライチェーンが混乱したため、世界的に需要が堅調であるとともに供給力が低下したため、2022年第1四半期は2021年に比べ上昇しました。

アンモニア調整後トン当たり売上総利益率は、平均販売価格の上昇により、2021年第1四半期は2021年第1四半期と比較して増加しましたが、2021年2月にサプライヤーとの特定の天然ガス契約の純和解により当社が認識した利益が繰り返されていないこと、および実現天然ガスコストの上昇により一部相殺されています。

CF インダストリーズ社の粒状尿素事業では、窒素含有率 46%の粒状尿素を製造しています。アンモニアと二酸化炭素から製造され、当社の固形窒素製品の中で最も窒素含有量が高い製品です。

2022年第1四半期と2021年第1四半期の比較:

-2022年第1四半期の粒状尿素の販売量は、当四半期にUANの生産を最大化することを選択したため、減産による供給力の低下により2021年比で減少しました。
-2022年第1四半期の尿素平均販売価格は、世界的なエネルギーコストの上昇により世界的な稼働率が低下し、地政学的要因によって世界の肥料のサプライチェーンが混乱したため、世界的に需要が旺盛であると同時に供給力が低下したことにより、2021年と比べ上昇しました。
-粒状尿素の調整後トン当たり売上総利益率は、平均販売価格の上昇により、2021 年と比較して増加しましたが、実現天然ガス費用の上昇により一部相殺されました。

CF IndustriesのUAN事業では、尿素硝酸アンモニウム溶液(UAN)を生産しています。UANは、窒素含有量が通常28%から32%の液体製品で、尿素と硝酸アンモニウムを溶液で結合して製造されます。

-2022年第1四半期のUAN販売量は、生産量増加による供給力増強により、2021年比で増加。
-2022年第1四半期のUAN平均販売価格は、世界的なエネルギーコストの上昇により世界的な稼働率が低下し、地政学的要因によって世界の肥料のサプライチェーンが混乱したため、世界的に需要が堅調であると同時に供給力が低下したことにより、2021年と比べ上昇しました。
-2022年第1四半期のUAN調整後トン当たり粗利益率は、平均販売価格の上昇により2021年と比較して上昇しましたが、実現天然ガスコストの上昇により一部相殺されました。

CF IndustriesのAN部門は、硝酸アンモニウム(AN)を生産しています。ANは、窒素含有率が29%から35%の窒素肥料として使用され、また、産業界の顧客によって業務用爆薬や発破システムにも使用されています。

-2022年第1四半期のAN販売数量は、2021年並みとなりました。
-2022年第1四半期のAN平均販売価格は、世界的なエネルギーコストの上昇により世界的な稼働率が低下し、地政学的要因によって世界の肥料のサプライチェーンが混乱したため、世界的に需要が旺盛であると同時に供給力が低下したことにより、2021年に比べ上昇しました。
-2022年第1四半期のトン当たりAN調整粗利益率は、主に平均販売価格の上昇により、2021年と比較して増加しましたが、実現天然ガスコストの上昇により一部相殺されました。

-2022年第1四半期のその他分野の販売数量は、NPK、尿素液、ディーゼル排ガス液の販売減少により2021年比で減少しました。
-2022年第1四半期のその他の平均販売価格は、世界的なエネルギーコストの上昇により世界的な稼働率が低下し、地政学的要因によって世界の肥料のサプライチェーンが混乱したため、世界的に需要が堅調であると同時に供給力が低下したことにより2021年に比べ上昇しました。
-2022年第1四半期のその他のセグメントのトン当たり調整後粗利益率は、平均販売価格の上昇により2021年に比べ増加しましたが、実現天然ガスコストの上昇により一部相殺されました。

現在の推定にもとづき、当社はこれらの課税年度について約 127 百万米ドルの追加カナダ税負担をするこ とになります。この結果生じるカナダの税負担と約98百万米ドルの利息が2022年第2四半期に査定され、現在の予測にもとづくと合計で約225百万米ドルが2022年第3四半期に納付される見込みです。

2022 年3月 31 日に終了した3ヵ月間において、これらの事象がカナダおよび米国の連邦および州 の法人税に与えた影響により、当社は 76 百万米ドルの法人税等を計上しました。これは、2006 年から 2011 年の税務年度に関するカナダに対する未払法人税 127 百万米ドルの影響(米国における約 51 百万米ドルの法人税純収入により一部相殺)およびカナダに対する支払利息見積額を主とする 99 百万 ドルの未払利息の影響を反映しています。.

デリバティブ金融商品
当社は、将来購入する天然ガスの価格変動に対するリスクを軽減するために、金融派生商品を利用しています。天然ガスは、当社の窒素系製品の製造原価の中で最大かつ最も変動が大きい要素です。また、為替相場の変動に対するリスクを軽減するために、デリバティブを利用することもあります。天然ガス価格の変動リスクを軽減するために利用しているデリバティブは、主に店頭市場で取引される天然ガス固定 価格スワップ、ベーシス・スワップ及びオプションです。これらの天然ガス・デリバティブは、主にNYMEX先物価格指数を用いて決済され、その時点の公正価値の基 準となります。当社は、将来消費される天然ガスについて天然ガス・デリバティブ契約を締結しており、これらのデリバ ティブ契約の決済は、将来における窒素製品の製造に使用される天然ガスの予想購入量と一致するように予定され ています。当社は天然ガス価格変動リスクを回避するために、ヘッジ会計を適用せずに天然ガス・デリバティブを 利用しています。その結果、これらの契約の公正価額の変動は損益として認識されます。2022年3月31日現在、当社は2023年3月までの一定期間を対象とする天然ガス・デリバティブ契約を締結しています。
2022年3月31日現在、当社の未決済天然ガス・デリバティブ契約は、2.9百万MTUの天然ガス固定価格スワップ及びベーシ ス・スワップから構成されています。2021年12月31日現在、当社は60,000千MTUの天然ガスに対して、固定価格スワップ、ベーシススワップ及びオプションからなる天然ガスデリバティブの未決済契約を締結しています。
-------------------------------------
株価水準は18-19年の倍
EPSは19年が2.23なので4.5位欲しいが
1Qで4.21出して来た、続けばかなり割安

主な売上内容はアンモニア部門、粒状尿素事業、尿素硝酸アンモニウム溶液事業がメインで
価格が1074、1518、1762で前年比で3倍近く、2.5倍、3.5倍と高騰
4Q時が804、1415、1258なのでかなり3カ月で高騰
これ高値推移するのか?肥料価格を見ながら判断

チャートはちょっと急上昇気味で躊躇しそう
業績良いけど押し目が入る可能性もありそう
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【MRO】 マラソン・オイル

2022年05月06日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

MROグラフ1

時価総額(5/7):202.27億$
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

2022年5月4日、ヒューストン - マラソン・オイル・コーポレーション(NYSE:MRO)は、アナリストの業績予想に通常含まれない、業績の比較可能性に影響を与える特定の項目の影響を含む2022年第1四半期の純利益を13億400万ドル(希釈後1株当たり1.78ドル)と発表しました。調整後当期純利益は7億4,900万ドル、希薄化後1株当り1.02ドルとなりました。純営業キャッシュ・フローは10億6,700万ドル、運転資本増減調整前では12億8,000万ドルでした。

-9億4,000万ドルの調整後フリー・キャッシュフロー(再投資率27%)に代表される、第1四半期の卓越した財務実績。
-5億9200万ドルの自社株買いと5200万ドルの基本配当により、第1四半期の営業活動によるキャッシュフロー(CFO)の50%を株式投資家に還元。
–第1四半期の原油換算生産量は345,000boed、原油生産量は168,000bopdでした。
-同業他社をリードするROEの実績を積み重ね、CFOの40%以上をエクイティ投資家に還元するという最低コミットメントを上回る。
-自社株買いと配当により、CFOの約60%を投資家に還元(2四半期累計
-10月1日以降、16億ドルの自社株買いを実施し、株式数を11%削減、年初来の9億ドルの自社株買いを含む1。
-取締役会は5月4日付で自己株式取得枠を25億ドルに拡大することを決議。
-四半期ベースで約15%の増配、5四半期連続の増配で2021年年初からの累計増配率は167%。
-13億ドルの資本予算で、再投資率約20%、2022年に45億ドル以上の調整後フリーキャッシュフローを見込む(WTI100ドル/バレル、ヘンリーハブ6ドル/MTUを想定
-2022年の業績見通しをWTI80ドル/バレル、ヘンリーハブ4ドル/MTUとした場合、調整後フリーキャッシュフローを15億ドル増加させ、再投資率を低下させること。
-2022年資本予算の更新は、WTI100ドル/バレル、MMBtu6ドルの商品価格環境を反映し、8%のインフレ調整を実施。
-2022年赤道ギニア持分利益ガイダンスを2億ドル上方修正

「会長、社長兼CEOのリー・ティルマンは、次のように述べています。「マクロの変動が極めて大きい中、マラソン・オイルは、強力な企業収益、持続可能なフリー・キャッシュフロー創出、市場をリードする株主還元、優れたESGなど、当社の成功への枠組みをすべて実現するために、断固として注力しています。「私たちの一貫した目的、差別化された業務遂行、そして独自のキャッシュフロー比率の枠組みを通じて投資家にキャッシュフローのファーストコールを提供することへのコミットメントは、すべて実を結んでいます。過去2四半期において、当社はCFOの約60%を株式投資家に還元しており、最低40%のコミットメントを大幅に上回っています。


当社は過去7ヶ月間に16億ドルの自社株買いを実施し、発行済み株式数の11%削減を通じて1株当たりの成長を大きく促進し、四半期ベースの基本配当を5回連続で増配することを発表しました。今年は45億ドル以上の調整後フリーキャッシュフローの創出が見込まれ、エネルギー業界の優良企業だけでなく、S&P500の優良企業と比べても魅力的な業績と資本還元を継続できる態勢が整っています。"

Return of Capital
マラソン・オイルのCFO比率の枠組みは、持分投資家への大幅な資本還元を明確にし、株主がキャッシュフロー生成に関する最初の判断を下せるようにするものです。WTI価格が60ドル/バレル以上の環境では、当社はCFOの40%以上を株式投資家に還元することを目標としています。過去2四半期において、マラソン・オイルはこの最低目標を大幅に上回り、CFOの約60%を株式投資家に還元しています。現在の環境下では、マラソン・オイルは、大規模な自社株買いに加え、競争力のある持続可能な基本配当を行うことを資本還元の望ましいアプローチとしています。

10月1日以降、マラソン・オイルは16億ドル以上の自社株買いを実施し、発行済株式数を11%減少させました。これには、現在までの累計で約9億ドルの自社株買いが含まれています。

第1四半期中、マラソン・オイルはCFOの50%を株式投資家に還元し、最低40%のコミットメントを再び上回りました。第1四半期の資本還元には、5億9200万ドルの自社株買いと5200万ドルの基本配当が含まれています。

さらに、取締役会は、5月4日付で自社株買い取り枠を25億ドルに拡大することを承認しました。また、取締役会は、四半期基本配当金を7セントから8セントに約15%増額することを承認しまし た。これは5回連続の四半期基本配当の増額であり、2021年初頭からの累積増額は167%となります。

1Q22 Financials
キャッシュフローと設備投資:2022年第1四半期の営業活動による純キャッシュは10億6700万ドル、運転資本変動前では12億8000万ドルでした。第 1 四半期の有形固定資産への現金追加額は 3 億 3,200 万ドル、資本支出(未払金)は 3 億 4,800 万ドルでした。

フリー・キャッシュ・フローマラソン・オイルは、第1四半期に9億4,000万ドルの調整後フリー・キャッシュ・フローを生み出しました。

流動性:マラソン・オイルの第1四半期の流動性は38億ドルで、内訳は未使用の回転信用枠が31億ドル、現金および現金同等物が6億8,100万ドルでした。第1四半期の現金残高6億8,100万ドルは、自社株買いと運転資本のマイナス影響を含み、期末現金残高5億8,000万ドルから約1億ドル増加したことになります。

当期純利益への調整これは主に、繰延税金資産に対する評価性引当金の一部取り崩しによる利益計上が、デリバティブの未実 現損失にともなう利益影響、およびその他の雑損益により一部相殺されたことによるものです。



1Q22 Operations
米国(U.S.)。米国の2022年第1四半期の生産量は、1日当たり原油換算で平均28.1万純バレル(boed)。石油生産量は、平均 158,000 バレル/日(bopd)でした。当社は、当四半期に合計 57 本の自社保有井を売却しましたが、これはガイダンスの 50~60 本の売却と同じです。当四半期の米国における生産コストは、平均 5.59 ドル/boe でした。

イーグル・フォードにおける当第1四半期の生産量は、平均80,000boed(原油量53,000bopd)、自社運用のグロス28井で販売 しました。バッケン地域では、平均生産量は118,000boed(原油量77,000bopd)、自社保有井の総生産量は20基となりました。オクラホマ州の平均生産量は52,000boed(原油量12,000bopd)、自社保有井の総生産量は9,000bopdとなり ました。北デラウェア州の生産量は平均20,000boed、うち原油は11,000bopdでした。

国際:2022年第1四半期の赤道ギニアの生産量は平均64,000ネットボイド、うち原油は10,000ネットボイド。第1四半期の販売量は、当資産が当四半期にアンダーリフトされたため、原油8,000純Bopdを含む平均61,000純Bopedとなった。単位生産コストは平均1.92ドル/ボイ。持分法適用会社からの第1四半期の純利益は、合計で127百万ドルとなりました。当四半期、当社は持分法適用会社から配当金および資本払戻金として総額5,400万ドルの現金配当を受 け取りました。

Guidance
マラソン・オイルの当初の2022年の財務見通しでは、WTIが80ドル/バレル、ヘンリーハブが4ドル/MBtuと仮定し、12億ドルの資本予算で30億ドル以上の調整後フリーキャッシュフローを30%未満の再投資率で創出するとしていました。WTIが100ドル/バレル、ヘンリーハブが6ドル/MBtuの場合、インフレ調整後の資本予算13億ドルで、約20%の再投資率で45億ドルを超える2022年の調整後フリーキャッシュフローを生み出すと予想されます。2022年の生産量ガイダンスは、原油および原油換算生産量が2021年の平均と同水準になると引き続き予想しており、変更ありません。また、2022年のE.G.持分利益ガイダンスを2億ドル引き上げ、新たに4.8億ドルから5.2億ドルの範囲とします。

売上:1Q:1753 4Q:1934 3Q:1453 2Q:1143 1Q:1071
デリバ:1Q -143 4Q:15 3Q:-79 2Q:-166 1Q:-153

------------------------------------
株価水準として16、17、19年水準
でもそ16.17年は赤字19元でもEPS1位か

現在は株価は倍なのでEPS2は必要と思われるが
ちょっきん1QがEPS1.78
ただし、法人税金分考慮すると4Qと同じくらいかも
それでEPS0.84なので、まずまず割安位か
チャートは強いが急なので押し目もありえる
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【PXD】 パイオニア・ナチュラル・リソーシーズ

2022年05月06日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

PXDグラフ1


時価総額(5/8):653億$
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

-第1四半期のフリー・キャッシュ・フロー1 は23億ドルと好調

-第2四半期中に1株当たり7.38ドルの基本+変動配当の実施を発表。

-第1四半期に2億5,000万ドルの自社株買いを実施

-第1四半期のフリーキャッシュフローの88%を株主に還元


パイオニアは、第1四半期に23億ドル以上のフリー・キャッシュ・フローを創出し、その90%近くを差別化された資本還元プログラムを通じて株主に還元し、引き続き株主価値を高めています。強力な基本配当、変動配当、機動的な自社株買いを組み合わせた、同業他社をリードする当社の資本還元戦略は、株主にとって大きな長期的価値を創出するものです。

「第1四半期において、当社は20億ドルを超える純利益を計上し、年間使用総資本利益率(ROE)30%以上2 の見通しを裏付けました。取締役会は、低い再投資率と業界最高水準のフリー・キャッシュ・フロー還元に支えられた強固な投資枠組みに基づ き、第2四半期の基本+変動配当を1株当たり7.38ドルとし、第1四半期に2.5億ドルの自社株買いを行うと同時に、年換算利回り13% (S&P 500種構成企業の中で最高水準の利回り)を発表しました。



"パイオニアのリターンを重視した投資フレームワークは、フリーキャッシュフローを優先し、最大5%の規律ある原油成長を可能にし、高リターンの油田の深い在庫とESGリーダーシップに支えられ、何十年にもわたって持続可能で耐久性のある長期株主価値を提供する力を備えています。"


Financial Highlights

パイオニアは、第1四半期末の使途不指定の手元資金が24億ドル、ネット借入が33億ドルで、強固なバランスシートを維持しています。また、2022年3月31日時点の流動性は44億ドルで、内訳は無制限現金24億ドル、無担保クレジットファシリティ20億ドル(2022年3月31日時点未使用)です。

当四半期の営業活動から得た現金・預金および現金同等物(以下「資金」)は、26億米ドルとなり ました。

当四半期における当社の掘削、完成、設備投資額は830百万米ドルで、水インフラを含む設備投資額3 は852百万米ドルでした。

2022 年第 2 四半期について、取締役会は、基本配当金 0.78 ドルと変動配当金 6.60 ドルの合計 7.38 ドルの四半期基本+変動配当金を発表しました。第 2 四半期の基本+変動配当金合計は、(i)年率換算利回り約 13%4、(ii)第 1 四半期の基本+変動配当金合計から 95%増加することになります。

多額の配当金支払いに加え、当社は引き続き好機的な自社株買いを評価しています。2022 年第 1 四半期に、当社は普通株式 250 百万ドルを平均株価 237 ドルで買い戻しました。パイオニアは、強力な基本配当、多額の変動配当、機動的な自社株買いを組み合わせた、同業他社をリードするこの資本還元戦略は、株主にとって大きな価値を生み出すと考えています。
第2四半期の四半期配当と第1四半期の自社株買いの組み合わせは、年率換算で約15%の総株主利益率に相当します6。

Financial Results

2022 年第1四半期の原油の平均実現価格は、1バレルあたり 94.60 ドルでした。天然ガス液(NGL)の平均実現価格は1バレル当たり41.37ドル、ガスの平均実現価格は1,000立方フィート当たり4.81ドルとなりました。これらの価格はデリバティブの影響を除いたものです。

税金を含む生産コストは、原油換算で1バレルあたり平均11.14ドルでした。減価償却費、枯渇性減価償却費および償却費(DD&A)は1BOEあたり平均10.69ドルでした。探鉱費および廃鉱費は1,400万米ドルでした。一般管理費(G&A)は73百万米ドルでした。支払利息は37百万米ドルでした。石油・ガスの購入および売却に関連するキャッシュ・フロー(確定輸送を含む)は、6,500万ドルの利 益となりました。

その他の費用は7,700万ドルで、特別項目7を除くと3,000万ドルでした。

Operations Update

パイオニアは、ミッドランド盆地において、引き続き堅調な操業実績を上げています。当社は、2022年の1坑あたりの掘削ラテラル長を増加させ、平均10,500フィートと予想し、2021年と比較して4%の増加となりました。この増加には、15,000フィートのラテラルを持つ約50の坑井を2022年のプログラムに追加することが含まれています。パイオニアはまた、シミュラックとジッパーフリートの両方で、1日あたりの完成フィートを一貫して増加させています。2021年には、2020年と比較して、1日当たりの完成フィート数が20%以上増加し、2022年にはさらなる増加が見込まれています。

ラテラルの延長、坑井あたりの掘削日数の短縮、1日あたりの掘削本数の増加などの業務効率化により、資本効率が引き続き向上し、業界が経験しているコスト上昇圧力を軽減するのに役立っています。

このような業務効率の向上により、当四半期は 138 本の水平井の生産を開始しました。

以前開示したとおり、第1四半期において、第三者による砂鉱山の操業停止により、当社が契約してい る砂の供給が妨げられ、第2四半期の生産量見通しに影響を及ぼしました。この砂鉱山の操業停止は、3月下旬に完全に復旧しました。当社は、通期生産見通しへの影響を緩和するために、第2四半期中に一時的にフラックフリート を1台追加しました。


2022 Outlook

当社は、2022年の総資本予算は、33億ドルから36億ドルの範囲になると予想しています。
パイオニアは、資本計画を2022年の営業キャッシュフローから完全に賄うことを想定しており、125億ドル以上となる見込みです。

2022年中に、当社はミッドランド盆地南部の合弁事業地域における3リグ平均プログラムを含む、平均22から24基の水平掘削リグを稼働させる予定です。2022年の資本プログラムでは、475から505本の井戸を生産に投入する予定です。パイオニアは、2022年の原油生産量を350~365千バレル/日(MBOPD)、総生産量を623~648千バレル/日(MBOEPD)と見込んでいます。


Second Quarter 2022 Guidance

2022年第2四半期の原油生産量は平均342~357MBOPD、総生産量は平均623~648MBOEPDと予想される。生産コストは平均 11.00 ドル/BOE から 12.50 ドル/BOE となる見込みです。販売費および一般管理費は平均で1BOE当たり10.50ドルから12.00ドルとなる見込みです。探鉱・廃鉱費用の合計は1,000万ドルから2,000万ドルとなる見込みです。


販売費・一般管理費は7,000万ドルから8,000万ドルとなる見込みです。支払利息は32百万米ドルから37百万米ドルとなる見込みです。その他の費用は、2,000万米ドルから4,000万米ドルとなる見込みです。資産除去債務にかかる割引の増額は200万米ドルから5百万米ドルとなる見込みです。石油・ガスの購入および販売に関連するキャッシュ・フローへの影響(確定輸送を含む)は、当四 半期の先物原油価格の試算にもとづき、25百万米ドルから55百万米ドルの損失となる見込みです。当社の実効税率は22%から27%であり、2022年度の課税所得の見通しにもとづく連邦税および州 税の支払い見込み額は120百万ドルから140百万ドルの現金支出となる見込みです。

2022年3月31日現在、当社は2024年1月から2024年12月の生産分として、日量3,000Bblのブレント・ベース・スワップ契約のデリバティブ残高を有しています。このベーシス・スワップ契約は、WTI指標価格(当社がミッドランド準州の原油を購入しメキシコ湾岸に輸送する際の価格)とブレント指標価格(ミッドランド準州の購入原油をメキシコ湾岸市場で売却する際の価格)のベーシス差を加重平均4.33ドルで固定するものであり、この価格差は、当社にとって重要なものです。
マーケティング・デリバティブ当社のマーケティング・デリバティブは、2019年10月に締結した2つの長期販売契約を反映しています。契約条件では、2021年1月1日から、当社はテキサス州ミッドランドの石油ターミナルで1日あたり50千バレルの石油を購入し、同時に2026年12月31日までの6年間販売することに合意しています。この購入契約に基づき当社が支払う購入価格はミッドランドのWTI価格に基づいており、当社が受け取る売却数量 の価格は、関連会社ではない取引先が、購入と同月にブレント原油価格と高い相関性を持つ価格でメキシコ湾岸の貯蔵・輸出施設 を通して原油を売却する際に受け取る加重平均売却価格です。

-------------------------------
株価水準が15-19の2倍近くまで上昇
15-19のEPSが4.5-5.7位で1QのEPSが7.85
14年高値も超えて14EPSが6.4程

このまま続けば割安判断かな

主な利益上昇原因は当然原油平均販売価格の上昇

1Q価格:94.60、4Q価格:76.38、3Q価格:69.24、2Q価格:64.55、1Q価格:56.71

デリバティブの影響も原油はそこまでではないので原油価格しだいか
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【RYI】 ライアーソン・ホールディング

2022年05月06日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

RYIグラフ1


時価総額(5/8):13.02億$
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

Management Commentary

ライアソンの社長兼CEOであるエディ・レーナーは、「この四半期、我々の世界を取り巻く既存および新規の逆境の中、素晴らしい業績を上げてくれたライアソンのチームメンバーの皆さんに感謝します。より健康で、より安全で、より平和で、より豊かな日々を送るために、大切なお客様やサプライヤーと力を合わせ続けていることに感謝しています。

2022年第1四半期、ライアソンは純負債の減少、純資産価値の上昇、四半期配当の25%増、大幅な経費削減、プラスの営業キャッシュフロー、過去最高の1株当たり四半期利益など、その機会を最大限に活用しました。私たちは、付加価値の高い産業用金属サービスセンターのインテリジェントなネットワークを通じて素晴らしい顧客体験を提供する180年の旅を続けるとともに、持続可能な成長と幸福の中核を担うものとして産業用金属リサイクル業を支持する永続的な経年要因に対する私たちの楽観は変わりません」。

Market Commentary

第1四半期の売上高は、平均販売価格が前四半期比2.3%増の3,312ドル、販売数量が11.4%増の528千トンとなり、過去最高の17億5千万ドルを達成しました。これは、ASP が 2%から 4%減少し、販売量が 7%から 9%増加するという当社のガイダンスと比較しています。強力な商業・業務遂行力と、基礎的な顧客需要の継続的な改善が、この前期の改善を牽引しました。メタルサービスセンター研究所(MSCI)によると、2022年1~3月の北米サービスセンターの数量は、2021年の最後の3カ月と比較して前四半期比で9.3%増加しました。北米ベースでは、リヤソンの売上高はMSCIの数量増加を上回り、販売トン数は前四半期比で14.8%増加しました。

ライアソンは、第1四半期に北米のほとんどの最終市場で前四半期比で出荷台数が大きく改善しました。特に、2021年後半の供給制約が緩和されたことで、商業用陸上輸送機器が20%、建設機械が19%増加しました。暖房・換気・空調(HVAC)は13%増で、引き続き建設・住宅建築分野の需要増の恩恵を受けました。2022年第1四半期を通じて、短期的な供給制約、COVID関連の連鎖的な操業停止、戦争の危険性が続いたが、2022年の北米製造業の見通しは依然として楽観的である。当社の基本的な見通しでは、10 年間の平均を大きく上回る価格水準を維持し、顧客の受注残が改善すること に支えられ、サプライチェーンの混乱は緩和され、年明けには需要の開放が加速すると考えています。

First Quarter Results

ライアソンは、2022 年第 1 四半期に過去最高の売上高 17.5 億ドルを達成し、2021 年第 4 四半期の 15.3 億ドルと比較して前四半期比 14.0%の増加となりました。売上総利益率は、2021 年第 4 四半期の 21.3%に対し、2022 年第 1 四半期は 23.5%と前四半期比 220bp 拡大しました。2022 年第 1 四半期の売上原価には、2021 年第 4 四半期の後入先出法費用 7600 万ドルに対し、200 万ドルの後入先出法4費用が含まれています後入先出法の影響を除くと、売上総利益率は 2021 年第 4 四半期の 26.3%に対し、2022 年第 1 四半期は 23.6%と 270bps 縮小しています。2022 年第 1 四半期の倉庫・配送・販売・一般管理費の売上高に対する比率は、2021 年第 4 四半期の 11.8%から 10.1%に低下し、当社は顕著な費用レバレッジを維持しました。

2022年第1四半期のライアーソン・ホールディング・コーポレーションに帰属する純利益は、前四半期の1億640万ドル(希薄化後1株当たり2.71ドル)に対し、1億6360万ドル(希薄化後1株当たり4.17ドル)となっています。2021年第4四半期の資産売却益190万ドルに対し、2022年第1四半期は債務償還損に関連する費用530万ドルが含まれています。これらの一時的項目および関連する法人税を除くと、2021年第4四半期の1億500万ドル(希薄化後1株当たり2.68ドル)に対し、第1四半期のライアーソン・ホールディング・コーポレーションに帰属する調整後純利益は1億6750万ドル(希薄化後1株当たり4.27ドル)となっています。ライアソンは、2021年第4四半期の後入先出法を除く調整後EBITDAが2億3870万ドルであったのに対し、2022年第1四半期は2億5060万ドルの後入先出法を除く調整後EBITDAを生み出しました。

Liquidity & Debt Management

ライアソンは2022年第1四半期に、好調な営業利益により8,250万ドルの営業キャッシュを生み出し、運転資本の使用額7,560万ドルを差し引いた。当社のキャッシュコンバージョンサイクルは、2021年第4四半期の84日から2022年第1四半期には77日に改善しました。ライアソンの2022年第1四半期のレバレッジ比率は、前四半期比で0.7倍から0.5倍に改善し、2014年の新規株式公開以来、過去最低を記録しています。当社は、2022年第1四半期を5億5,100万ドルの負債と5億700万ドルの純負債で終えましたが、好調な営業成績を背景に、2021年第4四半期の5億8,800万ドルと比較して純負債は8,100万ドル減少しています。現金および現金同等物と回転信用枠の利用可能額からなる当社の利用可能なグローバル流動性は、2021年12月31日時点の741百万ドルに対し、2022年3月31日時点では760百万ドルに増加しました。

買収2022年3月2日、ライアソンはカナダ・オンタリオ州ミシサガを拠点とする板金加工業者、アポジー・スチール・ファブリケーション・インコーポレイテッドの買収を発表しました。アポジー社は、シャーリング、パンチング、フォーミング、レーザーカット加工に加え、溶接やハードウェアの組み立てサービスも提供するフルラインのファブリケーション企業です。Apogee社は、ステンレス鋼、アルミニウム、カーボンシートの複雑な加工組立を提供し、ライアソンのカナダにおける付加価値サービスセンターのネットワークを強化し、加工能力を高め、フルサービスの加工ビジネスを成長させます。.

Modernization projectsワシントン州セントレアとイリノイ州ユニバーシティ・パークにおける2つの最新鋭サービスセンター施設の完成に向け、2022年に合計45百万米ドルの資本改善予算を見込んで進めていますセントラリア・プロジェクトは、年末までにフル稼働する予定ですユニバーシティ・パーク・キャンパスは、セントラル・スチール&ワイヤの将来の拠点となるもので、最近、敷地の準備が始まりました。これらのプロジェクトは、ライアソンの「マネタイズ&モダナイズ」アプローチを示しています。両プロジェクトは、顧客のロイヤルティを維持しながら、顧客体験を向上させるために施設を大幅に改善し、旧施設の売却益を活用しています。.

Shareholder Return Activity

Dividends2022年5月4日、取締役会は、普通株式1株あたり0.125ドルの四半期現金配当を、2022年6月2日現在の登録株 主に対し、6月16日に支払うことを決議しました。2022年第1四半期に、ライアソンは配当と自社株買いの形で約430万ドルを株主に還元しました2022 年第 1 四半期に 1 株当たり 0.10 ドルの四半期配当を実施し、380 万ドルの現金還元を行いました。さらに、合計20,510株を1株当り平均価格25.27米ドルで買い戻した結果、当四半期の株主還元は約0.5百万米ドルとなりました。このプログラムは、2023年8月4日まで、総額5,000万米ドルまでの当社普通株式の取得を許可しており、残り4,770万米ドルの取得を行いました。.

Bond buyback2022 年第 1 四半期に、ライアソンは営業活動から得た現金で、6310 万ドルの債券を平均コスト 108.5% で買い戻しました。2022年3月31日現在、2億3690万ドルの債券の発行残高があります。債券の買戻しにともなう債務償還損失530万ドルは、2022年度第1四半期の損益計算書に計上され、調整後当期純利益および調整後希薄化後1株当たり利益からは除外されています。.

Bond Repurchase Authorization2022年5月4日、取締役会は、172百万ドルを上限とする債券の買戻しを許可する債券買戻しプログラムを承認しましたこの社債買戻しプログラムは、元本5,000万米ドルを上限とする当社の特別償還権に加え、社債の償還を行うものです。.

取締役副社長兼最高財務責任者のジム・クラウセンは、「当社のバランスシートは段階的な改善を続けており、純負債は5億700万ドルまで減少し、2014年のIPO以来過去最低の水準となりました。第1四半期の市場環境を活用して、6,310万ドルの8.5%社債を機動的に買い戻すことができ、税効果年率換算で1株当たり約0.10ドルの利益増となる見込みです。さらに、取締役会は、2022 年 12 月 31 日までに実行可能な 1.72 億米ドルの債券の買戻しを承認しました。最後に、3 四半期連続で四半期配当金を増額し、25.0%増の 0.125 ドルとすることを発表しました。これらの成果は、フリー・キャッシュ・フローを株主還元の強化に向けて慎重に再配分していることを明確に示しています。

ライアソンは、工業用金属と製造環境について引き続き楽観的です。2022年の第2四半期には、会社の出荷が季節ごとに順次改善すると予想されます。これまで、炭素製品は第1四半期に比べて順調な価格回復を遂げましたが、アルミニウムとニッケルの価格は再び回復しました。四半期ごとに改善されました。売上高が約50%のステンレス鋼とアルミニウムを含む当社の多様な商品構成は、その明るい金属フランチャイズの強さの恩恵を受けています。したがって、Ryersonは、2022年第2四半期の収益が17.5億ドルから18.0億ドルの範囲で、連続平均販売価格が0%から2%上昇し、出荷が0%から2%上昇すると予測しています。2022年の第2四半期のLIFO費用はゼロになると予想されます。LIFOを除く調整後EBITDAは、2億5,000万ドルから2億6,000万ドルの範囲であり、希薄化後1株当たり利益は4.30ドルから4.49ドルの範囲であると予想されます。

取得した純資産の公正価値を超える費用を表すのれんは、2022年3月31日および2021年12月31日現在、それぞれ124.9百万ドルおよび124.1百万ドルであった。2022年の最初の3か月間に、80万ドルの追加ののれんを認識しました。詳細については、注記6:買収を参照してください。財務会計基準審議会(「FASB」)会計基準コード化(「ASC」)350「無形資産-のれんおよびその他」に従い、毎年10月1日現在、または重大な事象または変更が発生した場合に、のれんの回収可能性をレビューします。記録された金額の回収。直近に完了したのれんの減損テストは2021年10月1日現在で実施されており、減損は存在しないと判断されました。

耐用年数が有限であるその他の無形資産は、耐用年数にわたって償却され続けます。2022年の最初の3か月間に、さらに40万ドルの無形資産を計上しました。詳細については、注記6:買収を参照してください。当社は、長期性資産の帳簿価額が回収できない可能性があることを事象または状況の変化が示した場合はいつでも、当社の長期性資産の回収可能性を検討します。

------------------------------

後入先出法?
新しく仕入れた商品から出庫し古いのは在庫にする形式らしい

後入先出法の影響を除くと、売上総利益率は2021 年第 4 四半期の26.3%に対し、2022年第 1 四半期は23.6%
なのでちょっと直近四半期比EPS上昇は考慮する必要があるかも
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【LFUS】 リテルヒューズ

2022年05月06日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

LFUSグラフ1

時価総額(4/16):156.9億$
---------------------------------------
・グラフ/会社資料
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【LTHM】 ライヴェント

2022年05月06日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

LTHMグラフ1

時価総額(5/8):45.34億$
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

売上高は1億4350万ドルで、2021年第4四半期から17%増、前年同期比では56%増となった。報告されたGAAPベースの純利益は5320万ドル、前四半期比609%増、希薄化後1株当たり28セント。調整後EBITDAは5330万ドル、前四半期比94%増、調整後1株当たり利益は21セントとなりました。第1四半期のリチウム市況のさらなる改善と堅調な顧客需要が、年初の予想を上回る実現価格の上昇を支えました。

リベントの社長兼CEOであるポール・グレイブスは、「2022年もリチウム需要の力強い伸びが続いている」と述べ、次のように語った。"非常に厳しい市場環境の中で、あらゆる形態のリチウムの公表価格が急速に上昇しており、リベントは製品ポートフォリオ全体にわたってより高い実現価格を達成し続けています。

Capacity Expansion Update

リベントは、これまでに発表したすべての生産能力拡張を予定通り実施しています。また、炭酸リチウムと水酸化リチウムについても大幅な能力増強を発表しており、リベントは顧客の将来の需要に対応するため、引き続き生産量を拡大していきます。

Lithium Carbonate

アルゼンチンでの最初の拡張工事で、リベントは2023年の第1四半期までに1万トンの炭酸リチウム生産能力を追加する予定です。さらに1万トンの炭酸リチウム生産能力は Page 2/ Livent が 2022 年第 1 四半期の業績を発表

当社は前四半期に、アルゼンチンにおける 2 件目の生産能力拡張のエンジニアリング作業を開 始したことを発表しました。予備解析の完了に伴い、この拡張により、2025年末までに、前回発表より1万トン多い3万トンの炭酸リチウムの生産能力を追加する見込みです。淡水の利用方法を見直すことで、第2期拡張工事では新たな淡水の確保は必要ありません。また、リベントは、現在および将来の操業において、リチウムの収率を向上させ、水の使用量を削減することができます。

また、Liventは、アルゼンチンにおいて、最大3万トンの炭酸リチウム生産能力を追加する第3次拡張の評価を開始しました。この拡張は、より一般的な池の蒸発を利用したプロセスを採用し、これまでの拡張に比べ大幅に少ない資本で実施される予定です。リベントは、3回目の拡張を経て、2030年末までにアルゼンチンでの総生産量を10万トンとすることができると考えています。

Lithium Hydroxide
当社は、2023年末までに中国の新拠点でさらに15,000トンの水酸化リチウム生産能力を追加する見込みであることを発表しました。さらに、リベントは、北米または欧州のいずれかに、電池のリサイクル工程で発生するリチウム材料を水酸化リチウムに加工する新施設を建設することを検討しています。当社は、パートナーシップと資金調達の複数の機会を模索しており、新施設は2025年末までに稼働し、少なくとも1万トンの生産能力を持つことができると考えています。

また、リベント社はベッセマー市で水酸化リチウムの生産能力を5,000トン増強しており、今年後半に商業生産を開始する予定で、完成間近となっています。
これらの拡張を経て、リベント社の水酸化リチウムの総生産能力は、2025年末までに少なくとも55,000トン(ネマスカ社を除く)となり、既存の水酸化リチウム生産能力25,000トンの倍以上となる見通しです。
Nemaska
昨日、リベントは、ネマスカ・リチウム社(以下、「ネマスカ」)の持株比率を2倍にすることに合意したと発表しました。(以下、ネマスカ社)の株式を17,500,000株発行し、出資比率を50%に引き上げることに合意しました。ネマスカ社は、カナダ・ケベック州に所在する定格生産量34,000トンの水酸化リチウムの総合開発プロジェクトです。本取引の完了には、適用される法律で定められた一定の通知期間の終了など、慣習的な条件が必要となります。詳細はこちら 3/リベント、2022年第1四半期決算を発表

2022年3月31日に終了した3か月間で、売上高が合計売上高の10%を超える国は、日本、米国、中国で構成されていました。
2022年3月31日に終了した3か月間の日本、米国、中国の売上高は、それぞれ合計30.6百万ドル、20.8百万ドル、59.1百万ドルでした。
2021年3月31日に終了した3か月間で、売上高が合計売上高の10%を超える国は、日本、米国、中国、韓国で構成されていました。
2021年3月31日に終了した日本、米国、中国、韓国の3か月間の売上高は、それぞれ合計16.7百万ドル、13.1百万ドル、27.0百万ドル、1110万ドルでした。

2022年3月31日に終了した3か月間で、1人の顧客が総収益の約26%を占め、最大の10人の顧客が合計で総収益の約69%を占めました。
2021年3月31日に終了した3か月間で、1人の顧客が総収益の約37%を占め、最大の10人の顧客が合計で総収益の約69%を占めました。
重要な顧客の喪失は、当社の事業、財政状態および経営成績に重大な悪影響を及ぼす可能性があります。

----------------------------------------
株価水準が19年上場なので判断が難しい
18年4Qまでごろの倍くらいかEPSは約1

直近EPSが0.28、ん?*4でもEPS1位となると
割高なのか?
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【DOOR】 メゾナイト・インターナショナル

2022年05月06日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

DOORグラフ1


時価総額(4/16):156.9億$
---------------------------------------
・グラフ/会社資料
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【GIC】 グローバル・インダストリアル

2022年05月06日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

GICグラフ1

GICグラフ2

時価総額(4/16):156.9億$
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |