10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2021/11/24 取引

2021年11月24日
本日-490000円
株取引 | コメント(0) | トラックバック(0)

【6104】 芝浦機械 2022期

2021年11月24日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

芝浦機械グラフ1

芝浦機械グラフ2


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社


---------------------------------------
・会社概要

産業機械メーカー、(旧)東芝機械。成形機(射出成形機、押出成形機、ダイカストマシン)、ナノ加工システム、工作機械、精密加工機、制御機械(産業用ロボット、電子制御装置)の製造販売と材料加工の受託加工。「SHIBAURA」ブランドの自動車関連向け中大型射出成形機(プラスチック製品を製造)、ダイカストマシン(二輪・自動車関連、世界トップ)が中心。その他、高精細カメラレンズ金型加工は国内トップ。独自開発のIoTプラットフォーム「IOT+m」、CNF製造プロセス技術の開発(大王製紙と共同開発)に注力。2015年油圧機器の子会社ハイエストコーポレーションをナブテスコに譲渡。2017年東芝グループから離脱。2020年持分法適用会社のニューフレアテクノロジー株式を売却。2020年商号変更。

---------------------------------------
・グラフ/会社資料

芝浦機械資料1

芝浦機械資料2

2Q決算説明資料
---------------------------------------
・感想
グラフから売上は横横だったがコロナ後から少しづつ上がっているように見受けられる
利益に関しては直近2Qでかなり増加した、株価はそこまでは上昇していないがPERは過去からは
そこまで割安ではなさそう、業態が変わったりすれば別だが

セグメント別では成形機と制御機械で利益が増
成形機は主に中国の自動車向けで増加した印象でEV関連の投資での受注も好調っぽい
制御機械は国内の半導体企業向けが増とのこと

資料を見るとEVリチウム電池向けセパレータフィルタ装置で大口受注とのこと
まだ少し続くかも、ただ下期は調達品インパクトによる影響で利益は下がる見込みとの記載。

受注残が増えているが調達品でどの位利益が出るかは不明。
単純に2Qと同じくらいの数字になりそうな気はするのだが
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |