10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

【4323】 日本システム技術 2022期

2021年11月19日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

日本システム技術グラフ1

日本システム技術グラフ2

※空売り機関無し
----------------------------------------
・株主/子会社

---------------------------------------
・グラフ/会社資料

国内IT産業につきましては、直近の統計(経済産業省、特定サービス産業動態統計8月確報)において、2020
年の売上高前年比が0.4%増(2019年の売上高前年比は4.0%増)とプラス傾向を継続しており、直近の2021年8月は
前年同月比で3.4%増となりました。
このような環境下、当社グループ(当社及び連結子会社)の業績は、売上高100億42百万円(前年同期比24.9%
増)、営業利益9億92百万円(前年同期は営業利益23百万円)、経常利益10億4百万円(前年同期は経常利益58百万
円)、親会社株主に帰属する四半期純利益6億86百万円(前年同期は親会社株主に帰属する四半期純損失3億9百
万円)となりました。
セグメント別の内訳は以下のとおりとなっております。
(ソフトウェア事業)
当事業につきましては、前年同期の低調要因となった一部の受託開発案件における不採算及び新型コロナウイ
ルス感染拡大による大口顧客を中心とした開発投資の一部凍結が当期以降はそれぞれ収束傾向となったほか、金
融機関向け情報系統合システム「BankNeo」ライセンスの販売好調、更にはASEANビジネスの業績回復等により、
同事業全体の収益性が大幅に改善した結果、売上高69億86百万円(前年同期比26.0%増)、営業利益4億29百万円
(前年同期は営業損失1億92百万円)となりました。

(GAKUEN事業)
当事業につきましては、利益率の高い大学向けPP(プログラム・プロダクト)の新シリーズ「GAKUEN RX」
「GAKUEN UNIVERSAL PASSPORT RX」の既存顧客への旧シリーズとの入れ替え需要及び同シリーズに係る新規顧客
開拓が当初想定時期より前倒し
となったことに加え、これらの導入に係るEUC(関連システムの個別受託開発)の
受注量が増加したことにより、同事業全体の収益性が向上いたしました。また、前期以前は検収時に収益認識し
ていた導入支援サービス等の仕掛案件が、当期より適用開始の「収益認識に関する会計基準」により履行義務の
充足に係る進捗度に基づき収益認識することとなった結果、売上高17億21百万円(前年同期比35.9%増)、営業利益4億98百万円(前年同期は185.8%増)となりました。

(システム販売事業)
当事業につきましては、世界的な半導体不足の影響を受けハード機器の調達が当初想定時期より延伸したこと
等により、主力の大学向け機器販売が減収となった結果、売上高5億93百万円(前年同期比15.0%減)、営業利益
2百万円(前年同期比97.1%減)となりました。

(医療ビッグデータ事業)
当事業につきましては、新型コロナウイルス感染拡大に伴う医療機関利用者の減少により前年同期はやや低調
となったレセプト自動点検サービスが、当期以降は回復基調となったことに加え、分析及び通知サービス、生活
保護等版レセプト管理クラウドサービス及び保険者業務支援サービス等の高収益ビジネスの向上により、同事業
全体の収益性が向上いたしました。また、前期以前は検収時に収益認識していた各種サービス系の仕掛案件が、
当期より適用開始の「収益認識に関する会計基準」により履行義務の充足に係る進捗度に基づき収益認識するこ
ととなった結果、売上高7億40百万円(前年同期比38.6%増)、営業利益61百万円(前年同期は営業損失36百万円)
となりました。

収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従ってお
り、第1四半期連結会計期間の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、第1四半期連
結会計期間の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。ただし、収益認
識会計基準第86項また書き(1)に定める方法を適用し、第1四半期連結会計期間の期首より前までに行われた契約変
更について、すべての契約変更を反映した後の契約条件に基づき、会計処理を行い、その累積的影響額を第1四半
期連結会計期間の期首の利益剰余金に加減しております。
この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は25,200千円、売上原価は110,390千円減少し、営業利益、経常利
益及び税金等調整前四半期純利益はそれぞれ85,190千円増加しております。また、利益剰余金の当期首残高は
81,080千円増加しております。

日本システム技術資料1

前期説明資料

*BankNeo 新製品「SMART BankNeo」販売開始(2021年5月)
*タレントマネジメントサービス「mieHR」提供開始(2020年10月)
*「EC サイト構築支援サービス」開始(2020年6月)

*大阪公立大学へのGAKUENシリーズ導入決定(2020年12月)
*GAKUEN サブスクリプション販売開始(2020年9月)
*GAKUEN シリーズ 導入実績 400 校突破(2020年5月)
*新製品「GAKUEN RX」販売開始(2020年4月)

*慶應義塾大学および理化学研究所との新型コロナウイルスに関する共同研究開始(2020年11月)
*「JMICS サービス 」における保険者業務支援システム『 iBss 』 リリース(2020年10月)

*第2回新株予約権の発行(2021年3月)
*健康経営優良法人2021認定(2021年3月)
*連結子会社AG NET PTE.LTD. の株式取得時に係るのれん等について、当第2四半期で減損損失を計上
(2020年9月)
---------------------------------------
・感想

直近利益が伸びている、主にソフトウェアとGAKUEN事業が成長
このまま伸びるか?伸びて行くなら割安水準と言えそう。

まずソフトウェア事業は
一部凍結が当期以降はそれぞれ収束傾向との記載があって
表現からまだ続いてそうな感じはする
金融機関向けは今後も調子が良いか、他のソフトウェア会社の決算も見ながら判断した方が良い

そして2Qで一番利益を出したGAKUEN事業
前期決算資料見るとRX製品ラインナップ完成との記載あり
収益基準の変更で利益8500万近く増えた?

21年初め頃より株価が2倍になっているので、
業績も2倍位ないと水準としては厳しいが届きそうな気もする
だが、更に倍成長するとなると結構ハードルは高い。
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【7367】 セルム 2022期

2021年11月19日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

セルムグラフ1

※空売り機関無し
----------------------------------------
・株主/子会社

---------------------------------------
・グラフ/会社資料

このような経営環境の中で当社グループ業績は、前第2四半期連結累計期間を大きく上回り好調に推移いたしま
した。前連結会計年度からオンラインによる研修の実施へとサービス提供形態の変更が進められており、緊急事態
宣言の再発令やまん延防止等重点措置の発令下であっても案件の実施は順調に行われました。オンライン環境の浸
透により、1on1形式の個別コーチングの拡大が継続しています。
また、前連結会計年度では新型コロナウイルスの影響度合いを測りかねて人材育成活動を控えていた顧客からの
発注を、当第2四半期連結累計期間に受注するケースも増えております。前連結会計年度よりも新型コロナウイル
ス感染者の絶対数は増加し、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置等の発令は出ているものの、その環境下での案
件実施の方法は確実に整備されており、顧客においても安心して発注判断をされているものと認識しております。
加えて当連結会計年度より、これまで大手企業の人事部門に顧客先を絞っていた営業戦略から、事業部門等の人
事部門以外への展開、及び準大手企業への営業開発を、中期経営計画における成長シナリオとして掲げておりま
す。これらの新規顧客の獲得に向けた営業戦略が順調に成果を上げていることも、好業績の一要因と考えておりま
す。全体的な景気状況が厳しい中ではありますが、企業の人材育成に向けた意欲は継続して高いことの結果とも言
え、当社グループ業績に対する大きな追い風となっております。
販売費および一般管理費においては、新型コロナウイルス感染対策のためのオンライン活動が浸透しているため、
旅費交通費や交際費等の発生が減少しております。この減少傾向は、緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置の解
除後も継続されることが予想されます。

収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従っ
ており、第1四半期連結会計期間の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、第1
四半期連結会計期間の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。
この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高及び売上原価は16,078千円増加しておりますが、売上総利益、
営業利益、経常利益及び税金等調整前四半期純利益に影響はありません。また、利益剰余金の当期首残高への
影響はありません。

セルム資料1

---------------------------------------
・感想

上場後まもないが2019年が一番良い年だったため
この年を超えられるかがポイントでPER20前後は横横を想定してそう

直近は回復してる感じだが数年横が続いているのが非常に気になる
やっぱりIPO系はもう少し見ないと判断できないな~
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【7674】 NATTY 2022期

2021年11月19日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

NATTYグラフ1

※空売り機関無し
----------------------------------------
・株主/子会社

---------------------------------------
・グラフ/会社資料

当社では、感染対策を講じながら店舗営業の通常営業を再開したことにより客数が大きく増加しました。また、
様々なお客様のニーズに対応すべく、テイクアウトやデリバリーサービス、ECサイトでの通信販売なども実施して
参りました。なお、当第1四半期累計期間に新規直営店4店舗及び新規フランチャイズ店1店舗を出店し、直営店
からフランチャイズへの切替を1店舗致しました。
上記の結果、当第1四半期累計期間における当社の業績は、売上高1,723,827千円(前年同期比66.7%増)、営業
利益220,204千円(前年同期は40,902千円の営業損失)、経常利益227,850千円(前年同期は38,105千円の経常損
失)、四半期純利益159,795千円(前年同期は17,639千円の四半期純損失)となりました。
なお、「収益認識に関する会計基準」等を当第1四半期会計期間より適用したことにより、売上高は12,976千円
減少し、営業利益、経常利益及び税引前四半期純利益はそれぞれ1,024千円減少しております。

収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従っ
ており、当第1四半期会計期間の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当第1
四半期会計期間の期首の利益剰余金に加減しております。
この結果、当第1四半期累計期間の売上高は12,947千円減少、販売費及び一般管理費は11,951千円減少し、
営業利益、経常利益及び税引前四半期純利益はそれぞれ995千円減少しております。

NATTY資料1

---------------------------------------
・感想

四半期で利益が抜けて来ました、水準はコロナ前と比較して
同じくらいですが、居酒屋系でPER20台は少し成長加味した水準かも

直近利益はコロナ回復&店舗増加の影響かも、っていうか7-9月は緊急事態中だった
それで1Qこの営業利益は期待出来そう、ってこれも時期変更で次四半期決算が1月だった。
期間長めなので少しだれて来そう

兎に角2019年の業績は超えないと流石に厳しそうで
コロナが回復すれば超えられるとは考えております。
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021/11/20 取引

2021年11月19日
本日+1140000円

堅調
株取引 | コメント(0) | トラックバック(0)

【6050】 イー・ガーディアン 2022期

2021年11月19日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

イーガーディアングラフ1

※空売り機関無し
----------------------------------------
・株主/子会社

---------------------------------------
・グラフ/会社資料

国内のインターネット関連市場は、動画視聴及びEC(インターネット通販)サービス等が拡大し、
引き続き市場成長が継続しております。加えて、今後もインターネットにおける技術革新はますます進み、様々なサ
ービスが展開されていくものと予想されます。
 その一方で、リモートワークの拡大に伴うセキュリティへの不安の高まりや、IoTによりあらゆるもの
がサイバー攻撃のリスクにさらされる等、インターネットセキュリティの課題は年々深刻化しております。そのた
め、全てのインターネットユーザーが安心してインターネットを利用できるよう、投稿監視、カスタマーサポート、
及びサイバーセキュリティへの関心は増加しております。

 このような環境のもと、当社グループは経営理念「We Guard All」を掲げる総合ネットセキュリティ企
業として、「AIと人のハイブリッド」を強みに、高品質かつ高効率のセキュリティワンストップサービスを提供し
てまいりました。
 加えて、投稿監視業務はインターネット世界の安心を、サイバーセキュリティ業務はインターネット世界の安全を
実現するために必要不可欠であり、SDGs(ESG)に代表される社会課題の解決、及び持続可能な社会の構築に
おいて当社の存在意義は一層高まっております。
 その中で、サイバーセキュリティ領域の強化を目的に、2020年10月にソフトウェア型WAF(※2)の開発を行う
株式会社ジェイピー・セキュアを子会社化いたしました。
 また、2021年7月にベトナムにおいて、E-Guardian Vietnam Co.,Ltd.を設立し、オフショアでの日本語カスタマ
ーサポートを実施する体制を整えております。
用語説明
(※2)Web Application Firewallの略称。ウェブアプリケーションの脆弱性を悪用する攻撃を検出・防御し、ウ
ェブサイトを保護するためのセキュリティ製品。
 この結果、当連結会計年度における売上高は9,933,118千円(前年同期比27.6%増)、営業利益は1,968,868千円
(前年同期比53.2%増)、経常利益は2,040,408千円(前年同期比53.8%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は
1,086,746千円(前年同期比22.2%増)となりました。
 なお、2021年8月31日に開示いたしましたとおり、当社連結子会社である株式会社グレスアベイルにおきまして、
元代表取締役(以下「当該元代表取締役」という。)による不正行為が発覚いたしました。当該元代表取締役による
不正行為に対し、社外取締役及び外部専門家を中心に構成される調査委員会(以下「当調査委員会」という。)を設
置し、調査を進め、本日、当調査委員会より、調査の結果判明した着服行為の疑義に関する事実関係と発生原因の分
析、内部統制上の問題についての再発防止策の提言等を目的とする調査報告書が当社取締役会に提出されました。
 調査委員会により多面的に事実関係の調査を実施しましたところ、結論として、当該元代表取締役による不正行為
として、①不適正な支出行為、②不適正な債務負担行為、及び③これらに連動する粉飾行為が認められました。
 株主および投資家の皆様をはじめ、関係者の皆様には、多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫
び申し上げます。

① ソーシャルサポート
 ソーシャルサポートは、ソーシャルWebサービス(※3)等の様々なインターネットサービスを対象に、投稿
監視、カスタマーサポート及び風評調査等を提供しております。
 新型コロナウイルスの影響によるリモートワークの増加や外出自粛によって、インターネットサービスは需要が
増えたもの、減少したもの等大小様々な影響が出ております。
 その中で、当社はコロナ禍においても成長を続ける動画領域に注力いたしました。これまでに蓄積したノウハウ
とAIの活用により高効率を実現し、売上を拡大いたしました。
 その結果、売上高は5,283,203千円(前年同期比55.5%増)となりました。
用語説明
(※3)SNSやブログ等のソーシャルメディアや、ソーシャルゲーム、Eコマース等の個人同士双方向のコミュ
ニケーションが介在する全てのインターネットメディア。
② ゲームサポート
 ゲームサポートは、ソーシャルゲームを対象に、主にカスタマーサポート及び風評調査等を提供しております。
 グループ会社であるEGテスティングサービス株式会社が、ゲーム開発・運営の品質向上サポートを目的に、基
準通りの設計であることを検査する「開発レギュレーションテスト」を開始いたしました。
 また、グループシナジーを活かしデバッグ業務とカスタマーサポート業務の営業戦略を連携して行い、受注拡大
に努めました。
 その結果、売上高は2,154,471千円(前年同期比13.6%減)となりました。
③ アド・プロセス
 アド・プロセスは、インターネット広告審査業務及び運用代行業務を提供しております。
 専門性の高い審査を実施できる人材の育成を目的に「赤坂 Ad Process Lab」を開設いたしました。
 また、消費者庁主催のアフィリエイト広告等に関する検討会に登壇する等、知名度向上による拡販戦略を推進い
たしました。
 その結果、売上高は1,134,236千円(前年同期比12.4%増)となりました。
④ サイバーセキュリティ
 サイバーセキュリティは、主にWAFの開発及び販売、並びに脆弱性診断等を提供しております。
 株式会社ジェイピー・セキュアは、100万サイトを超える導入実績がある国内利用サイト数1位のソフトウェア
型WAFを提供いたしました。
 また、脆弱性診断におきましては、EGセキュアソリューションズ株式会社が、グループシナジーを強みに既存
顧客への深耕営業や新規開拓を目指してまいりました。
 その結果、売上高は642,366千円(前年同期比129.0%増)となりました。
⑤ その他
 その他は、主にハードウェアに対するデバッグ業務を提供しております。
 EGテスティングサービス株式会社が、既存顧客への深耕営業や新規開拓を目指してまいりました。
 その結果、売上高は718,841千円(前年同期比18.7%増)となりました。

(今後の見通し)
 当社グループの事業領域であるインターネット関連市場は、スマートフォンを中心としたソーシャルメディアやソ
ーシャルゲームといったソーシャルWebサービスに加え、フィンテックやIoTなど、これまで以上の成長が予想
されます。
 今後の見通しといたしましては、監視及びカスタマーサポートの継続的な成長による収益貢献を見込む一方で、総
合ネットセキュリティ企業としてのさらなる飛躍を目指し、戦略的投資を行ってまいります。既存事業におきまして
は、規模拡大に応じ拠点の拡大を実施してまいります。
 加えて、2021年10月にはサイバーセキュリティ業務のシナジー強化のため、EGセキュアソリューションズ株式会
社、株式会社グレスアベイル及び株式会社ジェイピー・セキュアを統合いたしました。ソフトウェア型WAFとクラ
ウド型WAFの技術を融合及びさらなる拡販に向け体制を整えております。

イーガーディアン資料1

---------------------------------------
・感想

グラフから見ると売上が綺麗な右肩上がりでコロナ後気持ち加速したか
利益もコロナ後に急成長、PERは割安っぽいが今後の成長速度がどうなるか

内容を見ると
ソーシャルサポート 4Q売上:5,283、3Q売上:3765、2Q売上:2422 4Q単体売上:1518、3Q単体売上:1343
ゲームサポート   4Q売上:2154、3Q売上:1630、2Q売上:1124 4Q単体売上:524、3Q単体売上:506
アド・プロセス    4Q売上:1134、3Q売上:842、2Q売上:566 4Q単体売上:292、3Q単体売上:276
サイバーセキュリティ4Q売上:642、3Q売上:473、2Q売上:315 4Q単体売上:169、3Q単体売上:158
その他        4Q売上:718、3Q売上:495、2Q売上:332 4Q単体売上:223、3Q単体売上:163

ソーシャルサポートが上昇した感じで理由としては
動画含めたSNSなどの投稿監視に注力、ノウハウ・AIの活用っぽいが基本需要が高かったぽい。

爆発力はなさそうだが堅実に成長して行きそうな感じに見受けられます
大きな変化と言う事ではないので、下がった時に購入も検討しても良いかも。

-------------------------------
見落としていたのか、ワクチン接種の恩恵もあり
との事で、その部分は剥がれそうなので注意が必要かも
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |