10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2021/11/10 取引

2021年11月10日
本日+250000円

報告のみ
株取引 | コメント(0) | トラックバック(0)

【3772】 ウェルス・マネジメント 2022期

2021年11月10日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

ウェルス・マネジメントグラフ1

ウェルス・マネジメントグラフ2
※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社


---------------------------------------
・グラフ/会社資料

 当社グループにおきましては、2021年5月にサムティ株式会社と資本・業務提携契約を締結し、2021年6月に当
社の事業の方向性を示すべく、「中期経営計画2024」を公表いたしました。「中期経営計画2024」においては、以
下の目標を設定しており、引続き目標の達成に向けて努めてまいります。
「中期経営計画2024」の目標
①「中期経営計画2024」の期間中にJ-REIT組成を実現し、資産循環型ビジネスモデルを確立、受託資産5,000億
円規模のホテルリートを目指す。
②プライム市場への上場を目指し、そのための体制等を具体化、時価総額3倍を目指す。
 不動産金融事業が属する不動産市場におきましては、ポストコロナを見据えて、ホテルアセットに対する劣後投
資家の積極的な姿勢が続いております。一方金融機関のホテル開発事業に対する新規融資は慎重な姿勢が続いてお
りましたが、ホテル事業の先行きの不透明感は薄まり改善していくと考える金融機関は増加傾向にあり、新規融資
への対応は徐々に増えていくと見込んでおります。当社グループにおきましては、2021年9月28日に開示いたしま
した「京都東山SIX SENSES ホテル開発プロジェクトにおける不動産信託受益権譲渡に関するお知らせ(開示事項
の経過)」のとおり、遅れておりました大型物件の引渡しが無事完了したほか、他のプロジェクトにかかる物件売
却も順調に進み、売上は大きく進捗いたしました。第3四半期以降につきましても、新規物件の取得及び売却を進
めるほか、現在進行中のプロジェクトにつきましても適切なプロジェクト管理に努めてまいります。
 ホテル運営事業が属するホテル業界におきましては、緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置の発出の影響は大
きく、宿泊客の大幅な回復には至りませんでしたが、9月末にそれらがすべて解除され、秋の観光シーズンに向け
て宿泊予約は回復の兆しを見せております。当社グループの運営ホテルにおきましても、緊急事態宣言の発出に伴
い一部ホテルにおいて臨時休業を実施したため売上は低調な水準となりましたが、下期については、観光シーズン
を控えて順調に予約が入ってきており、上期売上の落ち込みを回復できるように努めてまいります。その一方で、
開発中のホテルに対するコンサルティング売上等が計上出来たことにより、当第2四半期連結累計期間において営
業利益を確保するに至りました。開業関連におきましては、2021年6月28日に、国内で2軒目、関西地区では初進
出となるマリオットインターナショナル社の「アロフト」ブランドのホテル「アロフト大阪堂島」(大阪市北区堂
島浜2丁目1-31)を大阪・キタの社交場として親しまれた堂島ホテルの地に開業いたしました。アロフトは、流
行に敏感で発信力があり、音楽やデザインを愛する次世代の旅行者を主な顧客ターゲットとしているライフスタイ
ルホテルブランドであり、洗練かつ斬新なスタイルで、大阪のホスピタリティシーンを盛り上げてまいります。
この結果、当第2四半期連結累計期間においては、売上高15,854,463千円(前年同四半期比290.8%増)、営業
利益4,539,816千円(前年同四半期は営業利益126,110千円)、経常利益4,413,837千円(前年同四半期は経常利益
35,833千円)、親会社株主に帰属する四半期純利益2,616,408千円(前年同四半期は親会社株主に帰属する四半期
純利益20,594千円)となりました。
 セグメントの業績におきましては、不動産金融事業の売上高は15,314,516千円(前年同四半期比290.1%増)、
営業利益は4,336,632千円(前年同四半期比611.9%増)となりました。これは、前述の物件売却により売上及び営
業利益は大きく増加いたしました。ホテル運営事業の売上高は1,628,214千円(前年同四半期比591.2%増)、営業
利益は608,254千円(前年同四半期は営業損失369,553千円)となりました。これは、第1四半期連結会計期間は緊
急事態宣言により一部ホテルが臨時休業する一方で、当第2四半期連結会計期間は全ホテルが営業を行ったこと及
び開発中のホテルに対するコンサルティング売上等を計上した結果、売上が大きく伸びました。

ウェルス・マネジメント資料1

・レポート及び決算説明動画
---------------------------------------
・感想

不動産によくある売却での一気に爆発するのが今回は大上昇
京都東山SIX SENSES ホテル開発プロジェクトでの売上がメインだが
ポイントはアフターコロナでホテル事業が回復してきた事。

既存のプロジェクトも今後進めるとの事だが次の大きなプロジェクトは開示で出してる芦ノ湖畔ホテルか?
REITのプロジェクトもあるので今後もプロジェクトは減らなそう。

それとホテル事業が大幅利益増、コンサル売上が計上できたとのこと。
2021年6月28日に2件目大阪開業
ちょっと今回集中した感はあるが、ホテル事業の予約は盛況との事で
アフターコロナ銘柄として伸びる可能性はありそう(業績は読みづらいが)
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【4495】 i3 2022期

2021年11月10日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

i3グラフ1

※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社


---------------------------------------
・グラフ/会社資料

このような市場環境の中、当社は「ITをもっと身近に」というミッションのもと、2010年から提供を開始したモ
バイル端末管理サービス「CLOMO MDM」及びモバイル端末向けアプリサービス「CLOMO SECURED APPs」を事業の主軸
に、クラウドを利用したB to BのSaaS事業をサブスクリプションの形で提供しており、2020年12月に公表されたMDM
市場(自社ブランド)シェアにおいて、2011年度から10年連続でシェアNo.1を達成しました(注1)。
当第1四半期累計期間においては、前事業年度に引き続き、Web会議システムを用いたリモート営業を活用し、導
入法人数の拡大に向けた営業活動を推進してまいりました。GIGAスクール構想(注2)による小中高等学校でのモ
バイル端末管理、リモートワークでのIT資産管理、製造業や運送業におけるDX(デジタルトランスフォーメーショ
ン)推進に伴う業務専用端末管理など、社会変化に伴う新たなMDMの需要に対しては、導入事例記事を積極的に公開
し、CLOMOサービスの活用方法や品質について、理解促進を図っております。また、CLOMOサービスの認知度を向上
させるための施策については、第2四半期以降の露出強化に向けた準備を進めております。
開発においては、CLOMOサービスのPC管理市場でのシェア獲得に必要となる機能強化のほか、顧客のニーズに応え
るための機能改善に、引き続き注力してまいりました。また、製品開発やサービス運用の効率化による製品価値の
向上及び原価の低減への取り組みとして、Azure Kubernetes Service (AKS)(注3)やXamarin(注4)といった新
たな技術の活用を継続して進めております。
なお、今後の継続的な事業成長に向けて人員体制の強化を図るべく、開発部門、営業部門、カスタマーサクセス
部門を中心とした人材採用活動を積極的に行っております。当社は、Great Place to Work® Institute Japanが世
界共通の基準で従業員の意識調査を行う、2022年版「働きがいのある会社」ランキングにおいて、2年連続で働き
がいのある会社として認定されており、優秀な人材獲得と定着に向けて、働く環境の整備に積極的に取り組んでお
ります。また、2022年4月に新卒で入社を予定している内定者の2割は外国籍であり、多様性のある組織づくりが
進んでおります。
これらの取り組みにより、導入社数は3,555社(前事業年度末に比べ164社、4.8%増加)に達しております。
なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による当第1四半期累計期間の経営成績や、当社が目標とする経営
指標(CLOMOの導入社数の増加、ライセンス継続率)への影響は極めて軽微でありました。
以上の結果、当第1四半期累計期間の経営成績は、売上高599,144千円(前年同期比30.8%増)、営業利益
232,049千円(前年同期比65.9%増)、経常利益232,497千円(前年同期比79.7%増)、四半期純利益161,030千円
(前年同期比79.5%増)となりました。
なお、当社の事業はライセンス販売事業のみの単一事業であるため、セグメントごとの記載を省略しております
が、サービス別の内訳は次のとおりであります。

CLOMO MDM 売上高 545,659千円
SECURED APPs 売上高 47,544千円
その他 売上高 5,940千円

i3資料1

---------------------------------------
・感想

グラフから売上は成長中、直近は1Qが少し多めに伸びた反動かちょっとだけ伸び率が落ちたか
ただ利益がその代わり急成長、株価水準は成長は必須と言った水準だが
伸び率がどの位になるか、また成長期間も考慮していくことになりそう。

内容はCLOMO MDMがメイン、CLOMO SECURED APPsもあるが売上で10倍違う
SaaS系でいつも感じるのはどこまで導入者数が増えるかが気になるところだが
止まると顧客単価を上げる為にオプションをつけると言った流れが多く感じる

CLOMO MDMは会社支給のモバイル端末の管理になるのだが、テレワークは追い風も
アフターコロナ後成長の伸びがどうなるかがちょっと気になる。
まあ、皆大好きSaaS系だから減る事は余り考えられないが、
今後も成長する分野にはなると思われる。

また、直近でテレワーク需要で新規法人が増えた為反動で売上成長は落ちるかもしれないが
変わりに顧客単価は上がって行く可能性はありそう。

他に減価償却費が前1Qから30百万ほど減っているので今後もその分は浮くかも

株主にVC系がまだ入ってるのかな~
となると購入は少し見送りたくなる、徐々に減らして来てるし
PER50がどこまで許容されるかは成長次第で成長は必須。

まだ新しいの変化と言うわけではない、もう少し様子見かな
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【3676】 デジハHD 2022期

2021年11月10日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

デジハHDグラフ1

デジハHDグラフ3

※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社


---------------------------------------
・グラフ/会社資料

、当社グループでは、注力事業と位置付けるエンタープライズ事業において、これまで構
築してきた人材・技術・顧客基盤をより強固なものへと進化させることで、引き続き高い成長を目指しておりま
す。当第2四半期連結累計期間においては、継続案件や大型案件の獲得に向け、提案型の営業ができる人材の育成や
新しい営業体制の構築に努めて参りました。また、引き続き社内エンジニアの採用・育成に注力するとともに、ベ
トナム拠点の自動化エンジニアやM&Aにより2021年6月に子会社化した株式会社アイデンティティーが有するフリー
ランスエンジニアのグループ活用に向けた取り組みを推進致しました。
 一方、主力のエンターテインメント事業では、国内デバッグサービスにおいて、テストセンターであるLab.の業
務効率化やコスト構造の見直しを強化することで、収益性の改善を図って参りました。また、新たな成長の柱と位
置付けるグローバルサービスにおいては、M&Aにより子会社化したDIGITAL HEARTS CROSS Marketing and Solutions
Limited(旧:Metaps Entertainment Limited)とのシナジーの早期発現に向けグループ連携を強化して参りました。
 その結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は、エンタープライズ事業・エンターテインメント事業ともに高い
成長を達成するとともに、M&Aの効果もあり、13,498,983千円(前年同四半期比28.2%増)となりました。また、利益
面においても、エンタープライズ事業において利益体質への転換が図れたことに加え、エンターテインメント事業
の収益性改善に向けた取り組みの効果が発現したこと等から、営業利益は1,370,201千円(前年同四半期比159.7%
増)、経常利益は1,431,322千円(前年同四半期比151.0%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は917,581千円(前
年同四半期比157.9%増)と大幅な増益を達成致しました。

デジハHD資料1

デジハHD資料2

デジハHD資料3


---------------------------------------
・感想

直近売上増も利益はそこまで上がらず、株価水準も右肩で上昇
決算後上がるようなら適正水準まで買われるかも
ある程度は成長を想定しての水準になっている。

エンタープライズ事業が成長中、システムテスト系はテスト自動化需要で伸び
ITセキュリティはリモートワーク・オリンピックでの需要で伸びたとの事、他にM&Aも実施

エンターテイメント事業の国内デバッグは巣ごもりでの需要で少し増
グローバル・その他はM&Aで子会社化し、顧客の共有化などで相乗効果で新規案件が増

取り敢えず直近で4社を子会社化して従業員等一気に会社規模を大きくしました。
伸びたが利益率が下がったのはその為かも

エンターテインメントはこの先本当に成長するかはもう少し見る必要がありそう
セキュリティ系は開発・運用・保守とかなので伸びそうですが株価水準はそこまで高くないかも
オリンピックなどの一時的要因もありそうなので注意が必要かも。
注目がシステムテストになるが、こちらは今後も伸びそうな感じはします。
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |