09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

【6067】 インパクトHD 2021期

2021年10月26日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

インパクトグラフ1

インパクトグラフ2

四半期傾向はどの事業も4Qが高め
コロナ影響度(推測)はHRがプラス、IoTは微減、MRは減

※機関空売り 
2021/03/26 Credit Suisse AG 45,000株
2021/03/12 UBS AG 95,300株

合計:140300株
----------------------------------------
株主は創業者が筆頭で20%強ですが2/16に社長法人へ
株式を移動する見たいです、恐らく相続関係かもしれません。

19/06/10に37万株近く社長が売却してます!!
その後、株価は下降トレンドへ・・

貸付債権トラブルで2019年12月期第2四半期報告書の提出が
間に合わず監理銘柄指定と怪しい動きでした。

第 17 回新株予約権で800000株

その後2020年度で20万株買い増ししてます。
中々、社長の売買が活発で影響を与えてます
-----------------------------
グラフを参照
営業利益が急上昇してます、原価率・販管費率も減少
信用買い残は50万と少し多いか。

事業別にみるとIoT事業が急上昇、MR事業も回復見たいなイメージです
また、時価総額は17年~19年に10倍になってます。

-------------------------------
会社資料

インパクトHD資料

2019/11/29 ジェイエムエス・ユナイテッド子会社化

また、インドのコンビニ事業で共に合弁会社「CDCSPL」を設立(子会社CDEPL)した
共同パートナー社に出資金流用されたらしく共同パートナーのCDELグループも
コロナで大赤字となっている為、恐らく回収は難しいかもしれません。

インドに設立した会社の株式評価(出資金1675百万)、
更にCDEL子会社のCDGLへ1121百万貸付したものの
2019/9/26に1121百万の貸付全額をを損失
2019/9/26に株式評価(出資金1675百万)でのれん部分を損失計上(807百万)
2021/2/12に更に株式評価の917百万部分を損失計上

インパクトHD

20/11/13営業1000で3100、20/02/14営業514で2000、19/02/14営業406で1600、
18/05/08営業230で860、18/02/14営業200で800、17/02/14営業350で540、16/02/12営業350で450
1350なら2000(17年)-5000

※デジタルサイネージ市場
インパクトHD資料5

インパクトHD資料6

インパクトHF資料6


------------------------------
感想

ひとまずインド会社の損失計上は一通り終わった
まだ、新規パートナー探しなどもあって苦労はしそうだが。

さて、となると来期はようやく通常通りの業績が出そうだが
HR事業の売上増加はM&Aによるものなのですが、
販促企画提案で受注案件も増加してるとの事

IoTが4Qに急上昇したのだが、オンラインサイネージ・カスタマイズサイネージの大口案件受注
オンラインASPサービス利用料のストック型収益が定着

MR事業はようやく回復傾向に見受けられます
本回復まではもう少しかかりそうですが、回復はしてそうです。

そう言えば以前調べたフリークアウトでもタクシー向けのデジタルサイネージ事業が回復、
コロナ影響があっても売上増に行きそうと記載されてました。

オンライン・オフライン共にデジタルサイネージ系は強いのかも
※銘柄によっては案件失注とも出てるので相手先によりそう

ただ、オンラインとなるとストック型となる為更に強くなりそう。
オンラインサイネージ稼働台数前年比で2倍超で
25000台とあるがIoT事業のストック部分の売上ってどの位の割合か聞いて見ようかな
その前にオンラインサイネージの売上割合を聞いてみないと分からないかな
聞く理由としては、Iot事業の営業利益率が15%→21%→24%となっている為。

デジタルサイネージ系
・電算システム時価総額358億 ・ピースリー時価総額33.9億
・TBグループ時価総額16.5億・アビックス時価総額29.9億 ・フリークアウト時価総額261億

水準訂正が2019年度から変わって、和菓子製造販売や十勝たちばなを売却して
以前とは比較にならないかも。

動画でオンラインストレージのストック単価が月300円程との事
25000*300円*12カ月=9000万

---------------------------------------------------
→IRに電話しました、IoT事業のデジタルサイネージ部分売上で
オンライン・オフラインの売上比率を確認したところ、9割近くがオフラインによるもの
との事でした。
この時点で更にオンライン売上のストック部分は影響微と言う事で聞くまでに至らず・・

色々企業側からみるとコスト的にはやっぱりオフラインの方が導入が多いとの事です。
ただ、オンラインも伸びているのは間違い無さそうで業績に大きな影響が出るのはもう少しあとっぽいです
※(でも資料にオンラインサイネージ・カスタマイズサイネージの大口案件で伸びたと記載してあったので・・)

でも、待て!
実際IoT事業の業績は増益増収になっていて、営業利益率も改善している
まあ、売上が伸びればその分改善もしやすいがオンラインの影響も少しはありそう
それでもデジタルサイネージの大口案件次第にはなりそうだが。

予想1Q:HR売上1900-2000、利益130-150、IoT売上:700-800、利益170-190、MR売上700-900、営業140-180

--------------------------------------
社長ブログからの抜粋です
インパクトHD資料7

インパクトHD資料8

インパクトHD資料9

-----------------1Q後---------------------
インパクト資料5

ポイント
・4月月次は322→454=132千件(前年4月:58千) HRが6%増、IoT3%、MR3%減
・予想は出てないが、営業利益で1Q:340、2QがHR:250、Iot:170、MR:20、全社費125=315
・営業1000で営業PER16.7、営業1200で13.9
・前年前々年の繰越損失がある為、税負担減
・水準訂正はかなり割安、インド事業発表前水準と比較しても低い
・インド事業はコロナで停滞してそう、しかしSNSで誕生日に社長が一区切り付くとの記載も。
・国内市場デジタルサイネージなどの市場規模から見ても今後長期成長するにはインド事業が必要っぽい。

インパクトHD資料11

4-6月 HR:295207、IoT:47066、MR:29462
1-3月 HR:183872、IoT:70968、MR:67742
1-3月 HR:売1973、営184、IoT:売762、営229、MR:売249、営42
4-6月予HR:売3167、営295、IoT:売505、営151、MR:売108、営18 全社費115-150=349-314

-----------------上方修正---------------

増収増益の要因としては、HR ソリューション事業においては、新型コロナウイルス感染拡大を懸念した店頭販売員
の配置を自粛する動きがあり、試飲試食等の推奨販売サービスは引き続き厳しい状況が続く反面、コロナワクチン接
種会場への人材派遣業務の受注が拡大
し、コールセンター事業やデバック事業も業績が順調に推移すると見込んでお
り、加えて、IoT ソリューション事業においても、小型デジタルサイネージの高付加価値商材である PISTA(フィール
ド・トラッキング・ソリューション)のローンチによりオンライン化されたサイネージのコンテンツの自動更新が可
能となり、従来の筐体販売だけでなく、オンライン利用料や ASP サービス利用料などのストック収益の増加、飲食チ
ェーン向け DX 推進の一環として開始したオンラインのタッチパネル式デジタルサイネージであるテーブルトップオー
ダー端末の受注の拡大を見込んでいるためです。

---------------------2Q-----------------

HR事業
引き続き一部小売業で新型コロナウイルス感染拡大を懸念した店頭販売員
の配置を自粛する動きあった為、試飲・試食等の推奨販売サービスの売上高は減少しましたが、
他事業への人事異動や販管費の削減により赤字幅を大幅に圧縮しました。
一方でラウンダーサービスは、店舗ⅮBの本格投入により、
サービスとしての付加価値が高まったことで案件受注率及び収益率が高まり、
コロナ禍でも事業基盤を拡大しております。
また、昨期より損益計算書への業績取込を開始したジェイエムエス・ユナイテッド株式会社についても、
主力サービスであるコールセンター・デバッグの需要が堅調に推移し、
セグメント全体としては売上高・営業利益とも増加しました。

・IoT事業
コロナ禍において苦戦している小売店舗での店頭推奨販売サービスの代替商材として、
遠隔地から店頭の映像コンテンツを切り替えられるオンラインデジタルサイネージやエレベーター内・
美容室座席前等を広告媒体とする広告事業者向けにカスタマイズした
オンラインサイネージシステムの需要が更に高まり、堅調に推移しました。

インパクト資料12

-------------動画閲覧-------------------

店舗DBが最大の武器と言うのを凄く主張されていて
個人的にも過去のデータなどは取ってないと無いので貴重性は高い。

インパクト資料13

見た感じHRとIoTは前Qと同じ位だが、MRが急回復してるイメージです。
MRが1Qの倍で営業84位、2Qの倍なら108、HR2Qと同じで営業178、IoTが営業242、全社費130=営業374~398
銘柄分析 | コメント(2) | トラックバック(0)

2021/10/26 取引

2021年10月26日
本日+220000円
株取引 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |