07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2021/08/30 取引

2021年08月30日
本日+350000円

株取引 | コメント(0) | トラックバック(0)

【9308】 乾汽船 2022期

2021年08月30日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

乾汽船グラフ1

乾汽船グラフ2

※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社


---------------------------------------
・グラフ/会社資料



①外航海運事業(ロジスティクス)
 外航海運事業におけるハンディ船市況は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大による下落
から回復し、損益分岐点を大きく上回る水準で推移いたしました。
 このような状況下、当社グループの外航海運事業におきましては、ハンディ船市況の大幅な上
昇等により売上高は前年同期比3,550百万円増収(+164.2%)の5,714百万円、セグメント利益は
前年同期比3,205百万円増益の2,033百万円となりました。

②倉庫・運送事業(ロジスティクス)
 物流業界におきましては、貨物保管残高は前年同期をやや下回る水準で推移し、貨物取扱量は
前年同期と概ね同水準で推移いたしました。
 このような状況下、当社グループの倉庫・運送事業におきましては、連結子会社の引越業にお
いて、新型コロナウイルスの感染拡大により需要の低迷が継続しておりますが、事務所移転の取
扱高の持ち直しにより、売上高は前年同期比106百万円増収(+10.9%)の1,082百万円、セグメ
ント利益は前年同期比70百万円増益の11百万円となりました。

③不動産事業
都心部の賃貸オフィスビル市況は、低水準で推移しておりました空室率が上昇しており、今後
も、新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけとしたテレワークの普及により、オフィス需要の鈍化が懸念されます。
その一方で、東京23区の賃貸マンション市況については引き続き堅調に推移しております。

乾汽船資料1
---------------------------------------
・感想

いや~今話題の海運ですが、盛り上がったコンテナではなくドライバルクのばら積み船でハンディサイズになります
コロナ前から倍近く上昇していて正直海運行き過ぎ感もあるのですが、運賃が上昇中なので天井が分からない

基本はバルチック指数を参考にしながらですが、他の海運の動きも注意しながらですね
信用売りも結構入っているので、もしかしたらまだ上昇する事も考えられる

運賃が今後も続くかは不透明、中国の動きにもよるかも。
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |