07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

【6556】 ウェルビー 2022期

2021年08月22日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

ウェルビーグラフ1


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社


---------------------------------------
・グラフ/会社資料

●上方修正
2021 年7月 20 日公表の「子会社における5-ALA原体の日本総代理店契約の締結に関するお知
らせ」のとおり、当社の子会社であるウェルビーリンク株式会社において5-ALA原体の販売事業
を開始しております。
当該事業の市場環境及び動向等を踏まえて計画を精査した結果、ウェルビーリンク株式会社につい
て第1四半期会計期間から連結子会社化することとし、また、同社の業績予想を反映させるため、2021
年5月 14 日に公表した第2四半期連結累計期間及び通期の連結業績予想を修正いたします。

ウェルビー資料1

ウェルビー資料2

ウェルビー資料3

---------------------------------------
・感想

一言で言うと5-ALA販売が伸びるか?と言う事
もちろん職業支援も堅調だが、上方修正した記載通りヘルスケア事業の伸びを考慮して出したので
5-ALA販売が最大のポイントでこの水準ならかなり割安

しかし!
その5-ALA販売が停止になる可能性も少なからずありそう
子会社の代理店契約元のネオファーマジャパンとSBIファーマとの訴訟問題

SBIファーマは販売ルートはSBIファーマを通す契約をしているとの事
ネオファーマジャパンが直接販売するのは契約違反との主張
で、その分売上減ったので賠償との流れです。
(その他名誉毀損などは直接関係無いので飛ばします)

他製品引渡し(管理方法)の有無についても、契約書やメールなど形に残っていると思うので
直接ウェルビーは関係ないので気にしない

ネオファーマジャパンについては袋井工場の差押さえされてたみたいだが、全額弁済したとのこと。
他には4月にSBIファーマが発表して5月に社長が退任したみたい(発言後)でタイミングが最悪、
責任回避と見られる場合がありそう。

ネオファーマジャパンとSBIファーマとの契約は4/2に解除(通知?)しているよう
解除に関してはSBIファーマは特になかったと思ったが・・
と、なると賠償払って解除との方向かも、
しかし、重要なのは「引き続きNPJとの間で協議を継続して」とあるので停止になる不安はある・・

他の懸念はネオファーマジャパンの債務超過、利益余剰金▲30億5405万、株主資本で-24億

ただ、ウェルビー側としては販売が止まると言うリスクだけになりそう、貸出などすると不安だが。
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【6034】 MRT 2022期

2021年08月22日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

MRTグラフ1

※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社


---------------------------------------
・グラフ/会社資料

●上方修正
当第2四半期連結累計期間の連結業績につきましては、
新型コロナウイルスワクチン接種に係る医療従事者の紹介件数増加が寄与し、
売上が堅調に推移しました。また、当社グループの医療情報プラットフォームを
最大限に活用した結果、人材募集コストの削減を実現しました。
その結果、各段階利益は当初通期予想を大幅に上回る結果となりました。

費用及び投資につきましては、人材募集コストの削減を見込んでおりますが、当社グループの取り巻く
業界の課題解決に向け、アプリ「Door.」を含む新たなサービスの開発及び運用に係る費用の増加を見込
んでおります。

●2Q決算
各自治体や企業からの要請を受け、ワクチン接種のための医療従事者確保に向けた対応を行ってまいりました。
ワクチン接種業務に従事する医療人材紹介件数が増加し、売上は順調に伸長しております。
一方で、急増する紹介案件の整理および調整、BPO体制強化、
医療人材のさらなる募集など業務量が増加しておりますが、
人員体制の強化や業務の効率化などに取り組んで対応しております。
 また、アプリ「Door.」や「Door.into 健康医療相談」サービスを用いて、
このコロナ禍における支援にも積極的に取り組んでおります。
新型コロナウイルスに感染した自宅療養中や入院調整中の患者の増加に対応し、
埼玉県より受託している自宅療養者の健康相談に続き、
2021年5月より大阪府から「自宅療養者緊急相談センター」を受託し、
自宅療養者支援のためのオンライン健康相談やオンライン診療、往診等、
様々な医療体制の構築を行ってまいりました。その他、
企業からの依頼に応じて抗原検査や抗体検査の付帯サービスとしての健康相談、
ワクチン接種後の副反応に対する相談など多岐にわたって取り組んでおります。

MRT資料1

---------------------------------------
・感想

決算偏重型、余り好みではない。
ちょうど2Qが時期的に人材系で動くので売上高く前期比で更に急増している。
ワクチン需要も恩恵、ワクチン需要無くなったら減る可能性有り
売上も人員と比例すると考えられるので、今から人員確保も難しいかも
と、なると来期は少し不安。
ただ、PER(営)は過去から見ると割安!
他銘柄と比較すると少し高く感じるが、このまま売上が伸びればかなり良くなる
薬剤師系の派遣が戻りきってないみたいなので、戻れば更に行くか?
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |