07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

【6698】 ヴィスコ 2022期

2021年08月15日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

ヴィスコグラフ1

四半期傾向ではそこまでばらつきは無さそう

※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社


---------------------------------------
・グラフ/会社資料

製造業を中心に持ち直しの動きがみられ、5Gの普及、テレワークや外出自粛に伴う
生活環境の変化による電子部品・半導体製品の需要が拡大しました。
また、自動車関連分野についても概ね回復基調にありますが、車載半導体不足の影響が
懸念されるため、回復のペースは緩やかになると見込まれます。
 このような状況の中で、当社グループは地域間の移動制限など、
営業活動において一部支障が生じることもありましたが、前連結会計年度末から続く5G製品、
自動車電子制御部品及び半導体に関連する設備投資の堅調により、売上は好調に推移しました。

ヴィスコ資料1

ヴィスコ資料2

ヴィスコ資料3

---------------------------------------
・感想

株価は割安で日本向けがメインで伸びて、中国向けも伸びていた
この水準が続けば良い感じになるのだが、一時点での売上なので
今後は不明。

会社予想は弱気だが毎年弱気気味なので宛てにならないかも
中身だが、5G製品・自動車電子制御部品及び半導体系設備投資が堅調とあり
今後も悪くないのでは?とは感じる
前決算資料からも5Gスマホ向けが売上割合高く、車載機器も伸びてるとのこと
半導体はそこまで売上割合しめてないけど今後どうなるか、マレーシアも新規。
車載も半導体不足が解消されてば伸びていく可能性ありそう。

また、会計基準も変えたらしい。ここもか・・
ただ海外売上に対する変更みたいだから今回の日本の売上増に関しては余り関係ないかも
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

ベンチマークその後

2021年08月15日
以前のベンチマーク選定で決めたXLV1000:TLT500及びXLV600:TLT600:VGT:300の成績を見てみます

●XLV:1000、TLT:500の今年成績
ベンチマークUS2

●XLV:600、TLT:600、VGT:300の今年成績
ベンチマークUS3

●ベンチマーク設定後からの成績
ベンチマークUS4

年初頭に仕掛けた成績で16.03%と非常に優秀で(実際はレバ0.5分金利あるので15.6%位)
現在運用している方法が4月頭からなのですが、負けてます・・・

おいおい、お前の運用は11%強しかなくてへたくそだな
って言われている感じです、何といっても時間対比が全然違うので。

VGTを入れると13.97%になるのですが、去年の成績ではVGT入れたほうが良い
ただトータルでは同じ位なのでやっぱり好みになる。
分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |