03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

【6195】ホープ 検証

2021年04月20日
・2019年度(5/27)から2020/11月までの上昇についてと
2020/11月から2021/4月の債務超過に陥る予想大赤字までです

時価総額:1394200株*1015円(5/27)=14.1億(PER予:-31百万) → 6002800株*7780円=467億(PER予:39.9~56)
2021年度予想利益:830~1170

ホープチャート

ホープグラフ

ホープグラフ3


2019 業績予想 日時18/08/09 2,957 -32 -18 -31
2019 業績予想 日時19/05/27 3,800 62 72 55
2019 業績予想 日時19/07/23 3,862 88 96 78
2019 業績実績 日時19/08/08 3,862 87 95 75
2020 業績予想 日時19/08/08 11,457 - - -
2020 業績予想 日時20/02/03 13,750 - - -
2020 業績予想 日時20/05/13 14,300 900 890 638
2020 業績予想 日時20/07/27 14,407 1,020 1,012 667
2020 業績実績 日時20/08/11 14,407 1,020 1,012 665
2021 業績予想 日時21/01/29 29,920 - - -
2021 業績予想 日時21/04/19 34,084 -5,476 -5,499 -5,526

時系列

2021年01月15日 JEPXの電力取引価格高騰影響案内
2020年12月 新株予約権大量行使
2020年11月24日 新株予約権行使許可
2020年08月17日 第7回新株予約権
2020年05月21日 自己株式取得
2019年12月10日 株式分割
------------------------------
2019年05月27日 上方修正内容

売上高は、前事業年度より開始した新規事業であるエネルギー事業の取引規模が計画に対して大きく拡大
したことが影響し、3,800 百万円と前回予想 2,957 百万円に比べ 843 百万円上回る見込みであります。
利益面に関しては、既存事業であるマーケティング&メディア事業におけるジチタイワークスの発行数増
加、BtoG マーケティング等の高収益サービスの展開や、上記売上高増加の理由に加え、業務オペレーショ
ンにおける生産性向上施策が奏功したことによる固定費水準の低下等により、営業利益は 55~70 百万円と
前回予想△32 百万円に比べ 87~102 百万円、経常利益は 65~80 百万円と前回予想△18 百万円に比べ 83~
98 百万円、当期純利益は 45~65 百万円と前回予想△31 百万円に比べ 76~96 百万円上回る見込みでありま
す。

ホープ資料

ホープ資料2

JPEXプライス

・2019年6月期決算説明会要旨(質疑)

時津:社内で原価に関しては予測を常に立てております。そこよりはだいぶ安く原価をコントロールできているのは事実でございます。

93億でエネルギー業界で市民権を得られるかというと、100億、200億ぐらい売ってくると、いろんな会社様が電源のところで、相対で買いませんか、買いませんかというオファーをいただくのは事実ですので、スケールメリットがあるかないかというと、あると私は見ております。

時津:自家発電というか、自分たちで電源を持つことは今のところ全く考えておりません。
費用対効果、投資のバランスが私たちの体力ではとても合わないなと思っておりますので。

基本的にどう安定させるかというと、一つはいかに相対電源を買うのかというところになるのかなと思っています。相対電源の比率とJPXの比率を私たちのほうでしっかり考えて、原価をコントロールしにいくしか今のところは考えておりません。

時津:4Q、いわゆる4〜6とかに関しましては、このエネルギー業界の中においては基本的には利益が出やすいクォーターだと言われております。春と秋で一般的なPPSと言われる小売業者に関しては、春と秋で稼ぎ、夏と冬で溶かすという考え方です。

ですので、4Qの数字だけを見るとけたたましい。一番収益的においしい時期のところだけ計上してしまっているのは事実だと思います。

私たちが価格を取るときの想定粗利率に関しまして、一定のベンチマークは引いております。ただ、一切開示をしておりませんので、1Qの数字が出てきて、2Qの数字を見てきて、ある程度そこでご判断いただければなと思っております。申し訳ございません。

----------------------------------------------------
・2019/5/27の上方修正
PERだけ見ると5/27時点で14.1億/0.55億で25程、
しかし、時価総額10億台・急成長からSTOP3連つけました。
エネルギー事業で8.4億程売上が追加、他事業の利益率改善で
新たな事業による水準訂正も発生したとの推測です。

ここで買えるかは難しいところですが、
エネルギー事業が17→44→106→予想値+840なので
爆発的に売上が伸びてるのは判断出来そうです。

過去のデータから4Qにメディア・広告など全体的に利益が伸びるのは想定は出来ますが
エネルギー事業が4Qに上がるかはパッと見は新規事業なので分かりません
他銘柄を調べたり、季節性を考えれば分かりそうではありますが何とも言えません。

と、なると単純でエネルギー事業が伸びるか伸びないかで水準が割高か?だけに尽きて
メイン事業変更となると事業内容では買えそうです。
可能性はあるけどSTOP3連後に買うのは非常に躊躇する、2015*1394200=28億/0.55=PER51
う~ん、PER40位なら・・一気に倍は厳しいな~買える自信余りないな、と言うのが結論です。

・19/07/23 上方修正
基本5/27と内容は同じだが水準訂正は
2210*1394200=30億/0.78億=PER38.4
PER40以下なら買える可能性は高くなります、ただそれでも直ぐに本決算なので
全力は難しく、半分は8月の本決算見てから追加との考えになりそうです。

・19/08/08 本決算及び予想値
ここで色々資料が出てきて、本格的に購入を検討する時期で予想値が売上しか出てませんが
売上11457-前年3862=7595は増加分と考えて、エネルギー事業利益率7%-8%で営業5-6億位プラスになりそう
(実際は間接部門費などで追加1億位は費用はかかる想定も) 利益は3-4億位?
となると4400*1394200=61億/3-4億=PER20-15となり余裕で買えて行けそうです。
となると後はどれだけ買えて行けるかですが、2019年の受注額・入札参加数・入札状況を見て行けば
ポジション量をふやせて行けそうです。

個人的に気になるのが本決算はSTOP1回だが、
本決算が3回で5/27が1回なら納得出来そうですが、時価総額の低さ・黒字化・新規事業好調が
合わさって3回発生したんですかね。
時価総額低い銘柄での黒字化狙いや変化狙いも良いのかも

・2020/1Q
7-9月は不調四半期でJEPXの単価を見ても50円近くまで上がりました
ただ、エネルギー事業は黒字他事業+全社費で赤字となりました。
株価は本決算から横横が続いていたためか上昇してます。
エネルギー事業が夏でも黒字&順調に売上増で反映したのかも。
落札件数70件で10月供給がメイン(2019年度落札数:142)

・2020/2Q
春と秋で稼ぎと言われるPPSと言われる小売業者ですが、
10-12月は売上は増加しましたが営業利益が1Q比で下がりました。
稼ぎ月で落としたのでSTOP安がつきました。利益率も悪化です。

落札件数153件、4月供給開始の案件がメイン
・12月以降の冬場は、価格変動リスクが増加するためそれをヘッジする目的で電源を調達
・1Qほどの追い風はなく、2Qは例年並の気候により順当な利益水準
この辺りが利益が落ちた理由になりそうで、ヘッジ用での電源調達が影響あたえたか?

・2020/3Q (5/13)
ホープ資料3

3Q決算の前に1Q2Qの業績に修正が入りました、差分は上記資料の通りになります。
1Qが大幅マイナス修正なのですが、納得出来ました。
JEPX価格も高くて黒字だったので気にはなってましたが電力小売り業者らしいグラフにはなりました。

株価はどうかと言うと、エネルギー事業の推進・業績予想が出たのでSTOP高になりました
利益600-675で2472*5576800=137億/6億-6.75億=PER22.8~20.2とまだ割安水準と思える位置です。

・2020/本決算 (8/11)
2021予想値が売上:25300、営業:1250-1750、利益:830-1170
4300*6,002,800=258億/8.3億-11.7億=PER31-22となっておりまだ購入水準と言えます。

落札件数 1Q・70件、2Q・96件、3Q・337件、4Q・77件

ホープ資料4jpg

・2021/1Q (11/9)
入札177件、発表後STOPまで上昇も翌日から下落傾向に転じる。
株価7780*6,002,800=467億/8.3億-11.7億=PER56-40と割高の印象を受けてしまう。
しかし7-9月で黒字化と業績は堅調。

・2021/2Q
ホープ資料5jpg

とうとう上がって来ましたJEPX価格、まだ2Qは12月末までなので高騰はしてませんが前8月を参照にすると
2019/4-6月平均:7.8円、2019/7-9月平均:8.93円、2019/10-12月平均:8.07円、2020/1-3月平均:6.84円
2020/4-6月平均:4.8円、2020/7-9月平均:5.88円、2020/10-12月平均:8.2円、2021/1-3月平均:26.2円
2021/4~22日まで月平均:6.41円

売上に対する原価率
2019/4-6月:72.1%、2019/7-9月:91.1%、2019/10-12月:91.3%、2020/1-3月:89%
2020/4-6月:76.6%、2020/7-9月:87.2%、2020/10-12月:102.6%、2021/1-3月:?
売上
2019/4-6月:1055、2019/7-9月:1263、2019/10-12月:2100、2020/1-3月:2352
2020/4-6月:4622、2020/7-9月:5721、2020/10-12月:5267、2021/1-3月:?
※販管費は余り増加していません。

2019年度とは小売り業者の増加もあって入札価格が上がってる可能性もありますが、
現時点では8円弱でトントン位かも。(2019年は9円弱位?)

仮に8円が売上と原価でトントン位なら1-3月は原価300%近く行くかもしれません。
300%とすると、案件数考えないで前2Q位なら10534百万の赤字粗利になります。
200%としても50億位は赤字で、結論から3Qは50-100億の赤字になりそう。

21/04/19の修正報告

算出可能となった理由は、まず 2021 年1月の不足インバランス料金の総額が確定したことによります。
総額は税込合計で約 65 億円発生しており、連結損益計算書上、第3四半期に費用計上しております。一方
支払いについては経済産業省が認可した分割払いの特例措置について申請し承認を得ており、2021 年4月
から9分割(支払い金額はおおよそ等分割)で支払う予定で、すでに4月5日に1回目の支払いを終えてお
ります。

現金:43億、売掛金:37億、買掛金:47億、他負債合計60億 +不足インバランス料金65億=30~45億不足

仮に資金調達が出来なくて債務超過に陥ったら、

1年以内に債務超過の状態でなくならなかった時、上場廃止となるとの記載ですが下記は例外
法的整理、私的整理、地域経済活性化支援機構支援により債務超過改善計画をしている場合
---------------------------------
いや~、厳しい。
融資は厳しいだろうから増資での資金調達が出来るか?
30億位調達しないといけなそう、3Q、4Qで10億黒字CFでもあと20億。
100%気薄化なら結構行けそうかも、何と言っても今回の事故が無ければ黒字なので、
誰か手を上げそうな気もする。。
まとめ一覧 | コメント(0) | トラックバック(0)

【9272】 ブティックス 2021期 タイプC タイプS

2021年04月20日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

ブティックスグラフ3

ブティックスグラフ6

四半期傾向では現在M&Aと介護展示会系一緒になってるのですが毎年4Qで増加しております、
恐らく過去からの傾向なので介護事業での影響と思われます。

コロナ影響度(推測)は介護展示:大減、M&A:減 とコロナ影響をもろに喰らいそうです
現に4-6月は売上40百万しかありませんでした、、、

成約期間(月)2018/4Q:6.6、2019/4Q:8.1、2020/3Q:8.6

1人辺りの成約組:2020/1Q:1.22、2Q:1.2、3Q:1.38、4Q:0.62、2021/1Q:1.25、2Q:2.33、3Q:1.28

※機関空売り無し

ブティックス資料3

----------------------------------------
株主は創業者一族、役員などで6割以上保有しており流動性は低いです、
事業は介護事業(展覧会)とM&A(介護系)に分かれています。
※中国事業は合弁解消

介護事業は9月から展示場再開との事ですが、
説明動画でもありましたがオンライン展示会に注力して行くとの事です、
正直、コロナ影響今後の流れを見ると介護展示会は厳しいかなと考えていて、
成長して行くより、横横で少しでも黒字といったところで3Qは営業0-50ならと言ったところ。

今後のメインがM&A事業で説明動画でも気合が感じられました、コロナで今後を見据えて覚悟を決めた感じです
戦略としては小規模M&Aをターゲットにしているそうです。

時価発⾏新株予約権信託の発行を発表しているのですが、
15回の4万株は2023年度(2022)営業利益5億で100%行使、2024年度に達成の場合50%
16回の16万株は2025年度迄の期で営業利益10億で50%、2026年度までの連続した期の営業利益合計が25億で100%行使。
となっており、行使は無茶にも近いです。

割り当て先が園部洋⼠さん1名のみになります、2/5に受託者になるので
園部洋⼠さんが大量保有報告をしてます、200000株と新株と数字が合います。
何故園部さん1人になるかと言うと、弁護士になり一時的に預ってる形になると思われ
社員にインセンティブとして付与する予定らしいです。
※本決算で新株が累計株数に加えられる可能性もありそうですが、行使は別です。

ただ、目標としてここでも気合が見えます、今期は人員採用(20名:71百万)
オンライン展示会設備(システム開発30百万資産計上)などで
経費がかかるとも言われており、更に再度緊急事態宣言も発表で今期は数字は良くないかもしれません。
※人員採用が上手くいってるかIRに問い合わせてみます。

しかし、セグメント利益率が2Qで75.8%と脅威で、累計でも56.9%です
また、相手からの申込などのインバウンド系増加で
積極的な外部への営業のアウトバンド系まで回らなく抑制してるそうです。

人員は上記グラフを参照に12名となっており半年で2人増やしてます、
案件規模は大型は7月から順調推移ですが、再度緊急事態でどうなるか。。

資料には再度緊急事態発生時は業績予想未達の可能性が有るとの事ですが
前回までの規制はしていないので、1-3月でどの位か判断して勢いを見極めても良いかも。

ブティックス業種

----------------------------------------
2021/2/1 IRに電話で人員に関する質問をさせて頂きました

----------------3Q発表後------------------------
注目のM&A事業は売上下げました、営業も2Qよりは下げてます
逆に展示会系は売上回復して営業利益も3Q単体で黒字になってます
正直に言うと、M&A下がったのかと言う感じです。
しかし、人員については8名増と言う事で下期は採用費などもかかる為、想定の範囲内です。
採用費はM&A事業費か全社費かどちらかは分かりません、全社費かも。(IRに聞くかも)

気になるのが2020年期でM&A事業でコンサルタントの教育遅れで成約までの時間が長期化した事で
成約数減により売上が減ったので、人員8人入れれば良いって問題じゃないかも
10名いたコンサル員で9名コンサル採用で19名じゃなく18名と言う事は1名退社かも、
減るのはしょうがないが、4月から教育体制が整ったと記載されていたが
倍増に近い人数でもしっかり教育出来る物なのか?既存人員のパフォーマンスは新規社員への
教育等で落ちないのか?をIRで聞いて見ます。
更に以前資料に記載していた成約期間の大よそ平均もIRで聞いて見ます。

良かった点は契約状況が上昇してます、アウトバウンド抑制している事からも、
もしかしたら裁ききれて無い可能性も。
そこを人材増やして補えれば飛躍的に向上できアウトバウンドも取得していければ成長出来そうです。
最大の特徴は営業利益率50%超えでトップクラス!(全社費は入ってないですが)
日本M&Aセンター・M&Aキャピ辺りで50%弱なので本当に成長さえ出来れば時価総額数百億位まで行くのでは
との結論になっております。(しかし流動性が無い)
懸念点は先程の全社費でグラフを見ると少し上がってます、恐らく採用による費用などとの推測ですが
展示会系との比率が分からない為、何とも言えない
2QがザックリM&A系の全社費30としても営業118/売上196=60%と高く
3QがザックリM&A系の全社費30としても営業68/売上144=47%とそこまで悪くはありません。

参考銘柄
名南M&A:時価総額91.7億、2021予想:売上15億、営業2.7億、利益1.6億、営業利益率18%、売上成長20%
オンデック :時価総額135億、2021予想:売上11億、営業2.1億、利益1.3億、営業利益率19%、売上成長38%
ブテ(M&A):時価総額63.5億、2021予想:売上5.25億、営業2.7億、利益-、営業利益率51%、売上成長45%

→02/12 IRに電話しました、2020年度での教育遅れによる成約期間長期化の懸念について連絡しましたが
 体制を整えて比較的短期間で教育が済むように調整したので、懸念は余り無いとの事です。
 案件が増えているってのが結構印象に残りました。
 成約期間は案件が増えて短いのも有れば長いのもありばらつきが大きくなったので資料には載せてないので伏せますとの事
 そこまで大きくは変わってなさそうです。

-----------上方修正3/19------------------
ブティックスグラフ5

ブティックスグラフ6


21年度3/19 上方修正が出されました
①M&A仲介事業が前回業績予想を上回るペースで進捗したこと
②商談型展⽰会でコロナ感染症の影響が徐々に快⽅へ、前回業績予想を上回るペース
③商談型展⽰会の中で全出展⼩間数の約5割を占める「東京ケアウィーク ʼ21」が無事完了

商談型展⽰会事業
「CareTEX365 オンライン」につきましても、オンライン展⽰会プラットフォーム
『ExpON(エキスポン)』の⾃社開発を完了し、2⽉より運⽤を開始等、順調に推移

商談型展⽰会事業の売上⾼は 646 百万円(前事業年度⽐ 16.6%減、前回発表予想
⽐ 7.5%増)、セグメント利益は 122 百万円(前事業年度⽐ 56.2%減、前回発表予想⽐ 104.3%増)

M&A仲介事業
介護報酬改定や⼈材採⽤難に対する危機感の⾼まり等により、M&A
ニーズが引き続き増⼤している中、前事業年度からの課題であったM&Aコンサルタントの教育体制の整備や
仕組化が完了したことにより、前回業績予想を上回るペースで成約が進捗した結果、売上⾼が前回業績予
想を上回る⾒込みです。
M&A仲介事業の売上⾼は 557 百万円(前事業年度⽐ 54.4%増、前回発表予想⽐6.1%増)、
セグメント利益は 334 百万円(前事業年度⽐ 68.8%増、前回発表予想⽐ 21.8%増)

次は2022年度決算予想がどうなるかがポイントです、営業3億、利益2億くらいを想定してます。

------------4/20上方修正-------------------
また上方修正しました
ブティックスグラフ8

ブティックスグラフ9

この度、M&A仲介事業において、当事業年度内での成約が不確実であった複数の案件を3⽉末にかけて
成約したことから、売上⾼、営業利益、経常利益が更に上振れる⾒込みとなりました。加えて、税⾦費⽤が想定
よりも減少したことにより、当期純利益の予想が前回業績予想に対して 33.8%増となり、その差異が開⽰基準
に達する⾒込みとなりましたので、業績予想を修正いたします。
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021/04/20 さよならホープ

2021年04月20日
本日-30000円

ホープが大赤字で債務超過に陥るとの事、
2019-2020と一気に駆け上がって、一気に終わりそうです。

タイミング的にも良いので、ホープの分析、検証して見ようかな。
株取引 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |