03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

【4444】 インフォネット 2021期

2021年04月18日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

インフォネットグラフ2

四半期傾向は4Qに利益が上がる傾向です
コロナ影響度(推測)は無さそう

※機関空売り無し
----------------------------------------
株主はフォーカスが筆頭、その後フォーカスキャピタル移動

なお、株式会社フォーカスキャピタルは当社取締役である江村真人
が、全株式を保有する資産管理会社であるとの報告

・上場時のコメント

―第一株主のフォーカスの立ち位置は
日下部取締役:いろいろとアドバイスをもらってきて、現在も経営にどうこう言う姿勢ではない。当社にとっては安定株主の一つと考えている。保有割合も45%ということもあり、当社が今後本則市場に行きたいと考えており、流動性確保には協力してもらえると考えている。

―日下部取締役はフォーカス出身だが、フォーカスのスタンスは
岸本社長:経歴上フォーカスからの出向という見え方になっているが、入社2ヵ月で当社に真剣に参画し、
フォーカスに戻らないという前提がある。
一方、フォーカスに関しては親会社から主要株主という立ち位置になった。
これまでに事業や経営に大きな関与はなく、これからも成長を応援してくれる安定的な
長期保有株主として付き合えると考えている。

―フォーカスの大量売り出しの予定はないか
日下部取締役:現時点で聞いていない。彼らも投資事業の会社なので、いずれは売却するだろう。
現状で45%あるなかで放出しようとしても思うような値段では売れないのではないか。
安定株主という位置付けが正しいと思う。

-----------------------------
グラフを参照

前年Q比で順調に売上原価率・販売管理費率が下がってます
前年4Qで売上下がったのは上場で化粧した分かも、確認します。

時価総額、買い残は共にまずまずになってます。

ただ、これと言って直近は目立つ上げなどはありません。
-----------------------------
会社資料
インフォネット資料

21年4月15日 株式会社アイアクトを子会社化(2018/3→2019/3→2020/3)
売上:631→676→699、営業:17→74→99、利益:25→59→65
取得価額総額:6億74百万円、株式譲渡実行日2021年4月30日
2173博展から購入

●以下博展決算から抜粋

・2020年度本決算
当連結会計年度におけるデジタルエクスペリエンス&コミュニケーション事業の売上高は、9億51百万円(前
年同期比11.0%増)、セグメント利益は1億11百万円(前年同期はセグメント損失52百万円)となりました。
これは、グループ会社のアイアクトにおいて収益性が高いAI・コグニティブ関連の引き合いが大きく増加した
ことと、スプラシアにおいてOEMシステム開発案件の引き合いが増えたことで、前年同期比で売上高が増加する
とともに、セグメント利益が大幅に増加したことによります。

・スプラシア
売上951百万円-699百万円=252、利益:111百万-99百万=12

2021年度3Q
当第3四半期連結累計期間におけるデジタルエクスペリエンス&コミュニケーション事業の売上高は、
4億85百万円(前年同四半期比24.7%減)、セグメント損失は22百万円(前年同四半期は
セグメント利益48百万円)となりました。
これは、グループ会社の株式会社アイアクトと株式会社スプラシアにおいて、前年同四半期の大型プロジェク
トに見合う受注を獲得できず、前年同四半期比で売上高が減少したことによります。


20/08/12営業132で1600、20/02/14営業4で1000、19/06/25営業190で2500、
営業132+99=231で2800-3000

博展決算を元に考えると、132+60=192で2300-2500

-------------------------------
感想

子会社買収系だが売主側の情報を見ると、2020年度よりは落ちそうな感じ
それでもまだ株価には反映されていないとの判断だけど、そこまで上がるかが懸念点
株主も動いているのは感じられる、次回決算までに株価反映して行くかも

2021年度は株価予想発表しない可能性もあるので、次回決算出ても反応するかは不明
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

FRBホームページ説明

2021年04月18日
FRBdata3.jpg
FRBdata4.jpg

FRBdata5.jpg

FRBdata5.jpg
まとめ一覧 | コメント(0) | トラックバック(0)

【3991】 ウォンテッドリー 2021期

2021年04月18日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

ウォンテッドリーグラフ2

四半期傾向は無さそう
コロナ影響度(推測)は無さそう

※機関空売り無し
----------------------------------------
株主は女性創業者で結構有名な方になり70%弱程所有してます
なので流動性は余りないです。

上位は殆ど変わっておりません

-----------------------------
グラフを参照
売上が一時下がったが直近戻した、営業利益率は非常に高い

と言うか売上原価が殆どない、人件費など含め販売管理費に入れています
時価総額・買い残含めてそこまで高くはなかった
-----------------------------
会社資料
ウォンテッドリー資料

20/10/15営業140で1200、20/07/15営業260で1300、20/04/14営業285で1350
19/10/15営業310で2100、18/10/15営業330で2850、17/10/13営業194で3000
21/04/14営業165で800-1400(上場時2500)、営業550で2600-4700

------------------------------
感想
ストック売上が回復した事は非常にプラス
ざっくり2Qで前1Q比で1億程広告費を載せた。

決算後に上がって行ったが、コロナ時に少し低迷したが
回復&過去最大売上と成長して行った部分が買われたとの推測
パッと見は今期は営業利益が半分以下の予想だが2Qで広告費を1億増やしてるので
今期で3-4億広告費予想で抜かせば営業465-565ほどになる。

となると、買って行く人の考えもうなずける
しかし、個人的には元々少し高めの株価水準で上場から来ているので躊躇はする。
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【5817】 JMACS 2022期

2021年04月18日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

JMACSグラフ

JMACSグラフ2

四半期傾向は電線事業で気持ち1Q、2Qが下がるかと言ったところ
コロナ影響度(推測)は電線事業でも影響はありそう、海外事業でも影響

※機関空売り
2021/02/16 モルガン・スタンレー 消失

----------------------------------------
株主は役員系はいない?
筆頭が日電ホールディングスで11.42%と高くない。
取引先っぽい法人が結構見受けられます

2022年度予想
売上:5416、営業:303、利益:235
-----------------------------
グラフを参照

売上・利益・時価総額など余り動いてない印象
セグメント別に見ると、電線の売上が少し下がって来てるが
ソリューション事業が結構な勢いで売上伸びてる、黒字は出来てないが
海外が遂に黒字化で売上無いが利益出てるのは
上海皆碼嗣電气有限公司と HONG KONG JMACS LIMITED.を解散した影響と思われる

今後ソリューション事業の黒字化、海外の成長が達成出来るかがポイント。
--------------------------
会社資料

・電線事業につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、設備投資関連や住宅建設関連の需要低
迷、またOEM製品の減量を受け、全体的に電線の出荷量が減少

・新型コロナウイルスの感染拡大を受け遠隔作業支援を行うスマートグラスを中心に出荷量が伸び、
売上高406,050千円(前連結会計年度比146.0%増)となりましたが、新製品開発に
よる研究開発コストの増加や一部外注によるコスト増加により、利益率が低下

・2020年6月15日開催の臨時取締役会において、新型コロナウイルスの感染拡大により、 当該地域経済に
おける先行き不透明感から、当該子会社単体での安定的な収益を確保することが困難であるとの判断に至り、
グループ経営の最適化の観点から上海皆碼嗣電気有限公司と HONG KONG JMACS LIMITED.を解散し、
清算手続きを開始することを決議
------------------------------
感想


海外はコロナの影響で子会社清算したので、次期から単体報告になるのかも
海外営業が-29百万なのでその分は無くなりそう。

これだけの数字を想定してるとなると、電線の回復と
何と言ってもソリューション事業が爆発的に伸びないと達成は難しいそう

見てみるとスマートグラスが伸びているとの事、
スマートグラスって何?VRゴーグルとは違うの?って状態です
エヌヴィ(nvEye's)を見てみるとゴーグルにカメラっぽいのが付いていて
作業中映像を遠隔に飛ばせるみたいです、サーバー作業とか機械作業時にも使えそうです。

恐らく今まではスマホの動画などで取って送信していたのが、リアルタイム共有で
確認しながら作業出来るので良さそうです、ダブルチェックしたりする時など使えそうです
見る側のイメージだとテレビの生放送的なイメージなのかな。

非接触サイネージシステムも凄い、いわゆる空中ディスプレイ何だけど
画面にタッチしなくてすむので、衛生面でも良い。
コロナ過で日に当たってくる可能性もありそう。
(ただ空中にする必要があるかは現状衛生面部分しか無さそう)

パッと見た時は正直地味な会社っぽいが、ソリューション事業に凄く力を入れてるのが分かった
今後特にスマートグラスは伸びる可能性はありそうとの判断にはなってます。
スマートグラスもGoogleなど大手も参入しているので、上手く住み分けと
マーケティングが上手くいけば長く成長出来るかも。

予想はいつも下方修正が多い

個人的予想は電線2020年度+2019年度/2で営業18、20.5、90、50
ソリューション事業が営業0、-10、10、20で考えると合計:営業198.5で全社費は殆ど無し傾向
利益140となるとPER20で28億位です。

--------------------------------------
本社移転を記載していませんでした、移転は7/1なので2Q決算で影響が出てくるかもしれません
また、予想値の変更で修正が入る可能性もありえる、
ただ、工場に移すとの事なので家賃など削減できそうです。
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |