01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2021/02/16 取引

2021年02月16日
本日+800000円

コツコツ積み重ねてますが、日経強すぎです!
流石にそろそろ下がるか?
株取引 | コメント(0) | トラックバック(0)

【6694】 ズーム 2021期 タイプA タイプK

2021年02月16日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

ズームグラフ4

ズームグラフ5

四半期傾向は気持ち7-9月が高いか
コロナ影響度(推測)は野外・ライブハウス系は減、自宅系が増でトントンやや減位がイメージ

通期
売上成長率 5.5%→22.3%→11.7%→21%→15%(予)
営業成長率:48.6%→-20.4%→11.9%→158%→6.5%(予)

※機関空売り無し
----------------------------------------
株主に関しては社長と設立時からの元役員さんで30%近く、元役員の方は任期満了で退任で
少し前まで2人同筆頭でしたが、筆頭は現役者に譲って明確にした気遣いかも
売り出すかと言うと売り出す雰囲気は無いので気にしなくて良さそう。
自己株口も2020/4月に平均1273円で買い増しも少し気になる、コロナ時の買い支えの可能性もあるが。

----------------------------------------
次に先程の役員退任以降M&Aによる子会社買収が幾つかあります

2021/01/15 (株)フックアップを408百万円+手数料3百万で取得
・2020/08/20 (株)フックアップを100%子会社化(日本市場向け) 
※(株)フックアップ 令和2年9月期(百万)売上:1381、営業:131、利益:86
2020/04/01 米国会社ZNA(Zoom North America)を取得、親会社に比較的影響を与える特定子会社に該当
・2020/03/31 米国会社ZNA取得決定、1586百万+手数料13百万で100%子会社化
(1/3保有していた株が取引きされた時価価格に訂正する、段階取得による特別利益発生)
・2020/02/21 米国会社ZNA株取得を33%から66%に変更で100%子会社化へ変更
・2019/08/09 米国会社ZNA株を33%取得で持分法適用から子会社化の発表(アメリカ市場向け)
※ZNA 令和元年12月期 (百万)売上:3941、営業:508、利益:509
2018/04/27 イタリア会社Mogar(Mogar Music S.p.A.)を248百万円+手数料26百万で取得
・2018/04/20 イタリア会社Mogar(Mogar Music S.p.A.)を51%取得で子会社化発表
※Mogar 平成29年12月期 (百万)売上:2371、営業:-108、利益:-68

・2020/05/07 イギリス会社ZOOM UK Distributionが倒産手続き、1/3株式、債券など合計240百万損失(7/16)

結構動いてます、ZNA買収時は延期などひと悶着あったが攻めてます!
ZNAの過去利益などを見ると親会社への影響がめちゃくちゃあり、
コロナ時に取得したせいか安く買えた気もします。(話はもっと前かもしれないが)

寄与が4月からですがコロナで4-6は低迷、7-9月で回復との想定が自然かもしれません
フックアップは今後1-3月からですが緊急事態で回復後の4-6頃から本格的に影響との考えです。

のれん爆弾は2019年12期 155 → 1411 に増加してます。

---------------------------------------
上記グラフを参照
直近営業が伸びたのはZNA寄与によるものとの結論で、4-6月から販売管理費が急増しているので
子会社後コロナで営業利益が出なかったが、7-9で回復したと見てます。
原価率の低下などもあって営業利益率も上がっております、こちらもZNA影響が出てると考えてます
株価水準は横横で動いておらず、信用買い残も半年近く余り動いていません、
子会社化の水準訂正はまだ行われていない可能性はあります。

------------------------------------
各国推移(上位5か国、百万単位)
・アメリカ (2020/2Qから66%寄与)
2020:3Q 1118、2020:2Q 686、2020:1Q 425、2019:4Q 635、2019:3Q 812、2019:2Q 427、2019:1Q 546

・南ヨーロッパ
2020:3Q 398、2020:2Q 363、2020:1Q 423、2019:4Q 683、2019:3Q 487、2019:2Q 593、2019:1Q 546

・中央ヨーロッパ
2020:3Q 449、2020:2Q 434、2020:1Q 203、2019:4Q 207、2019:3Q 236、2019:2Q 111、2019:1Q 182

・日本
2020:3Q 243、 2020:2Q 226、2020:1Q 186、2019:4Q 205、2019:3Q 185、2019:2Q 187、2019:1Q 188

・中国
2020:3Q 71、 2020:2Q 73、2020:1Q 53、 2019:4Q 87、2019:3Q 37、2019:2Q 43、2019:1Q 79

ズーム地域別

ズーム中長期

------------------------------
感想としてはまずファブレス企業で工場を持ちません、売上に応じて調整が出来るのはいいかも
注目がM&Aですがそこまで織り込まれていない様な感じがします、
イギリスでの特損・ZNAの延長などで嫌気されたのかも
それと会社予想の進捗率が悪すぎます、残り1Qで72%だから正直厳しい!

1番大事なのが成長率でヨーロッパ辺りはロックダウンも行われていて影響が出てるので
Mogar社などもイギリス持ち株同様にならなければ良いが、
取り敢えずアメリカが転ばなければ何とかはなりそう。
ライブ配信などで成長する部分もあるが、野外ライブの自粛などで影響でどうなるか不明
モバイルデバイス業の成長は凄いけど、音響機器市場の成長は難しいと考えてはいる。

海外の売上がメインなのは今後の国の成長面からはとてもプラスだけど
逆に状況が分かりにくい感があって良くも悪くも、
しかし海外市場の米国で成長となれば水準訂正が日本の1.3-1.5倍位はあるとの推測

ただ、のれん爆弾が結構あるので自分が社長だったら予想は低めに出して
進捗オーバーで進み最後に2億位ののれん爆弾投下の流れにしたいかも。
Mogar社はどうだろうコロナで再度厳しくなりそう、来期の結果見てとの流れかな

※懸念点
2020年10月に発生した電子部品調達先の工場火災で、
電子部品の調達が当面困難。
開発、販売する主要製品のほぼすべてに同工場(宮崎県延岡市/旭化成エレ)で生産された
電子部品を使用していることから、最優先で他社製の代替部品への切り替えを進めてる。
しかし、設計変更の検証等に相当の時間を要することが見込まれているため、
製品の生産及び販売数量の減少や、新製品開発の遅延等が生じる可能性があり、
業績に影響を与える可能性があります

部品再調達は最短で来年第4四半期って事は、2021年の12月頃?
残ってる在庫は今年度分はあるけど、再開が遅いので他社製品に切り替え予定、しかし検証・評価時間もかかるし
単価が上がる可能性もある、2021年1月から部品不足に陥り売上7-8割まで減る言う。
解消して回復するのが、2021年第3Qで夏頃からの想定。
検証・評価に時間を取られる為、新製品の開発は大幅遅延で年間売上の新製品割合が10%


類似企業
・ティアック(6803) PER:30.3 進捗:2Qで赤字 音響機器 時価総額:30億
・オンキヨーH(6628) PER:- 進捗:2Qで赤字 音響 時価総額:21億
・JVCケンウッド(6632) PER:- 進捗:3Qで232% メディア事業 時価総額:338億
・ズーム(6694) PER:10.7 進捗:3Qで28% 音響 時価総額:40億

----------------2020年4Q決算後------------------------
ズーム資料4


悔しい!買っていません!
株価水準からZNA・フックアップ子会社化&ホームビデオ成長殆ど織り込んでないと思っていたんだが
旭化成エレの宮崎工場の火災影響で売上7-8割になると記載されていたので、
2021年予想は据え置き位の保守で出すと思っていたんですが、やっぱり予想値当てるのは難しいですよね~
いや、これくらいは行けるとは思ってましたがもう少し保守的に出すと思った
もしかしたら電子部品の調達先との調整が上手くいってる可能性もあるな~
IRに電話だ!工場復旧後は戻す可能性はあるのかIRに電話だ!
他にMogar社が結構苦しいけど、ZOOM UK Distributionの例があったが
ロックダウン後回復傾向はどう数字ではなく感覚を知りたいのでIRに電話だ!

火災の影響受けてこの数字なのかって印象でした
正直に言うと、時価総額が小さくて成長していて、M&Aでの嵩上げも
含まれてなかったので、主力になると思ってたが上がるだろうなぁ・・・

株価水準は18/02/14:利益288で1800円、2018/02/14予想利益:473で2300円、
19/2/15利益:318で1500円、20/2/14利益250で1400円位となると500で2358円~3000円が目安
サプライヤ工場火災対応が3億分利益プラスなので800なら3773~5000円程
しかしコロナ特需感もあるので一概には言えない。
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |