08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

家族信託の実施④

2019年09月15日
家族信託を実施した流れの続きになります。

③契約の内容を考える

目的は受益者が将来に渡り生活の支援(福祉も)を受け、資産の承継の実現。

基本的な事は依頼していれば司法書士さんが作成してくれ、不動産の権限部分に関しては
「賃貸借・使用賃借・売買・建物取壊し・滅失・新築・改築・増築・大修繕・合筆・分筆・境界確定
所有権保存登記・移転登記・表題登記・信託登記・抵当権変更登記・賃借権登記・本件信託目的を達成に必要な事項担保権設定・担保権の抹消登記・損害保険変更」
と基本所有者と同じ権限があります。

受益者に関する内容としては信託財産から生活費・介護費・医療費・公租公課の支払が可、
受益者への金銭交付は受託者との合意時、管理状況の報告有無の権利など
他の内容は第二受託者設定、遺言書としての効力追加、受託者の合意なしに受益権の譲渡・質入れ・担保設定不可
が、基本的な事になるそうです。

今更ながら記載してみると受託者の権限が強いと感じます、資産の承継も基本は目的になっている為
実質は好きな事が出来てしまいます、しかも契約破棄は受託者の合意が必要です。
また、受益者が亡くなっても受託者が亡くならない限り信託は続きます
後ほど記載しますが結構問題がありそうです。(まあ、契約で何とでも出来るのですが)
家族信託 | コメント(0) | トラックバック(0)

家族信託の実施③

2019年09月15日
さて、実際家族信託を実施した流れを記載します。

①家族信託を行っている専門家を探す

まず登記作業があるので弁護士か司法書士で探します
個人的な感覚ですが新しい制度なので若い人の方が
実践している様な感じはありました。
弁護士は以前相談した方も含め何件か問い合わせしましたが
全く扱っていませんでした、むしろ任意後見を勧めて来ます。。。
HPなどで家族信託の推奨を謳っていてセミナーもしている人でも
電話で聞くとやった事がありません、って人もいました、、
その中でも去年20件程、家族信託手続きを実施した方がおり
家族信託専門で行っていてレスポンスも早くて質問等から知識もありそうでした。
依頼してみて感覚的には県内でトップレベルかなと感じました。
(有名信託会社より実績が多かった)

②委託する資産の選定

重要です、まず殆どの資産を委託してしまうと相続人とトラブルになったりする可能性が高いです
遺言の効力も付けていると遺留分でもめると思います。
全部資産管理を任せたい場合、他の相続人にも委託して遺留分の侵害が無いように配慮するべきと考えられます
そして、管理不要な物まで入れてしまうと手続き料が跳ね上がります。
また、税務上の手続きで損益通算が出来ません!そこも踏まえて選定する必要があります。
資産の内容は不動産が主でしたが現金も多少入れて現金の追加委託も可能の契約にして
委託資産を抑え費用を減らす方向で、司法書士さんも了承してくれました。
それと委託する不動産は公図等で確認した方が良いです、固定資産税が来ている場所のみだと
位置指定道路などの持ち分が移転されず再建築時に再度委託手続きになる可能性もあるかも。

※委託する資産で農地(青地)は不可でした、農業委員会が許可してくれないそうです
家族信託 | コメント(0) | トラックバック(0)

不動産事業状況2019/09/15

2019年09月15日
今週台風での被害がありました、、、
ポストが倒れて壊れ、玄関ポーチも1枚欠けました・・
タイル用接着剤で取り付けて、隙間はモルタルで埋める予定です

まだ入金してないのですが、玄関用キー及び書類全て
受け取りました、来週頭に登記が終わるのでその後振り込み

作業はタイルを敷いて1戸は終了、後もう少し
ファン照明は木ねじが野縁じゃ無いとこが一部あったので
下地センサー及び下地どこ太買って取り付け直しました



-------新規2戸案件---------

・工務店と建設やり取り(銀行から振り込みは登記完了後)
・防草シート張り→一部1㎡くらい残
・砂利敷き
・タイル敷き100枚ちょい→残30枚
・建物表題登記→申請済
・火災保険選定(施設賠償責任保険検討)→来週保険屋と契約・ポスト購入、設置→宅配ポスト2台購入 →購入済、設置未
・ネームプレート作成?
・ワックス塗り

------------------------------
・周辺地区の家賃相場調査の自動化(VBA作成)→作成済
・物件サイトのデータ集め(定期)
不動産事業 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |