05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

下落原因

2018年06月20日
ちょっと最近個別株(仮想通貨株)でやられてるので反省も含めて
個別株が下落する原因を考えてみます。

①全体的な下落
 →3.11やリーマンショックなどで全体が下げた時
  余り個別的には気にしなくていいかも

②イベントによる下落
 →一番数が多い、悪材料・期待イベント通過など
  悪材料は一気にSTOP安などで下がるからそこまで気にしない、
  イベント通過はイベント前までの上昇率によって下げ度合いが違うとの推測、利益確定売りも、高上昇は危険。

③空売り仕掛けによる下落
 →今回の個別銘柄は1日空売りすら出来なかったので可能性は無さそう
  また、基本買戻しが入るから引け前に少しは上がったりもすると思う。

④追証回避関係の下落
 →可能性はありそう、確認する為には信用買い残の減りを確認
6/15 信用買残227900株

⑤信用買い期限による下落
 →これも信用買い残を確認すれば基本分かるか、、
  以前に何かの銘柄で期限切れによる信用買い残の売りが大量に出て2回程位STOP安つけてるのがあった。

⑥大口の売却による下落
 →今回の件ではかなり濃厚、6月初めの下落時も濃厚。SNSで大口が売却したと言ってた
  大口もそれぞれで機関だったら時間かけて薄く売って影響余り出さないかも

⑦買い不在による下落
 →買う人がいない、が基本下落したらリバ取りが入ってくると思う
  しかし、信用使えず現物のみだとリバ買板も減りだらだら下げる可能性あるかも

今回に関しては⑥が可能性的には高いが、基本大口の売りは見えないのが通常
それでも、出来高の多い9時~10時より引け前での出来高が多かったりしたのは投げてた可能性があるか・・
10時頃までにど~んと下がるタイプとダラダラ常に右肩下がりのタイプ、どちらも色々検証してみるか。。

ちなみにニチダイは3/27など10時までにドーンと下がるタイプで10時までには張り付いてたと思った(推測)
3/20時に買残高1849400で589300増、3/27で買残高1999000で149600増、4/3で1680200で-318800減
大体上場株式数2割となってるが余り関係ないかな、、仕手株っぽいので⑥・②かな②も高上昇だったので
危険度は高かったかも。
仕手株っぽいのは外した方が良さそうかな、、定義が難しいけど。。

-------------------追記---------------------

⑦での現物のみでの下げは体感あって(2016の年間取引など)外しているんですが
自分のオーソドックスな逆張りストだと増担保銘柄も外した方が良いかも
少し実施してデータ取ってみます。(ha1,ha5,暴浅)

参照先はライブスター証券の規制銘柄(増担保)の一覧を元に確認します。
反省 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018/06/20 取引

2018年06月20日
本日+711000円

取り敢えず半分戻し
株取引 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |