03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

仮想通貨(ブロックチェーン)勉強④

2017年04月21日
ブロックチェーン

----------------------------------

ようやくビットコインに戻りましてPicsyやi-WATと何が違うのかと言うと
ビットコインには「ブロックチェーン」が使われているのが最大の特徴です

ブロックチェーンについては多数サイトで説明してるので省きます、
分散型管理台帳と思ってくれれば、、

ビットコインで個人的に気になる点があります。

・51%攻撃
マイニングの計算能力過半数を一部の人が保持してしまう問題
マイニングプール割合見てもらうと分かりますが
大半が中国で上位4つで占領出来る、、
いずれ不正が出るのでは?と思ってます。

ただ、一番安心出来る事が51%攻撃を行っても今の時点では経済的に不利になると言う事です
今後市場規模が広がり、自国通貨が危ぶまれる様になればビットコインなどを潰しにくる可能性はあるかもしれません。

・ブロックサイズ
現在1Mまでのブロックですが取引量が増え今後足らなそう、
んならサイズ増やせば?と思うが半分以上のマイナーがいる中国で国の帯域制限の為、大幅変更に難色。
中国マイナー側でハードウォーク(枝別れ)して2Mに増やし電子署名を分離しサイズ落とす(Segwit)方法で合意。
しかし、開発者側は反発と荒れてる様子、、

・セキュリティの問題
説明不要でしょう、ネット上だと取引所やアカウント、ウイルス感染によるウォレットBTC流出などなど、、
詐欺アドレスへの送付など細かい事もありそうです

・インフラの停止
簡単に言うとインターネットに依存してる為、ネットに繋げないと利用出来ない
ATMなどもあるがATMもネットに繋がってるので、、
(紙幣も出てるが基本は電子で管理するはず)

・融資や債権に不便
もし世界でBTCしかなくなって、大金を借りるとしたら誰から借りるか?
銀行が無いので個人間か、それとも取引所が銀行代わりになるのかな~
だとしたら借りる手続きなどで借用書作ったりと今までと手間が変わらないと思う

・取引手数料の問題
まだまだ先の問題ですがマイニングで生成されるビットコインが半減期を繰り返し
減っていった時に変わりに手数料があがるのではないか?と考えられます
生成出来なくなったら手数料で取るしかないし・・・

・価値のばらつき
取引所別でBTC/JPYの値段が違います、ある取引所で1BTC=10万で買えたとして
1BTCでAmazonカード10万円分買えるかと言うと買えません!
取引所より1割近く下がる場合もあります(9万分しか買えない)
となると日本円で買うより割高になる場合があり、そうなるとわざわざ使わない、、、
(そこにチャンスもあるのだが)
仮想通貨 | コメント(0) | トラックバック(0)

仮想通貨(ブロックチェーン)勉強③

2017年04月21日
中央機関(非中央機関)通貨のメリット・デメリット

-------------------------------
中央機関
メリット
・中央機関が通貨を基本保証してくれる
・状況に応じて中央機関が紙幣量を調整できる
・国が中央機関になっていることが多く人々から信頼されている
・オフラインでの売買に強い

デメリット
・信用創造の問題
・システミックリスクの問題
・中央機関が管理する為利用者の通貨を自由に減らせる(ハイパーインフレ・資産税)
・突然の通貨利用制限を受ける場合がある
・亡くなったらすぐさま凍結される

非中央機関
メリット
・本来の中央機関を超えて(国を超えて)取引できる
・手数料が非常に低い(場合によっては中央機関の管理料がある場合も)
・オンラインに強い
・通貨利用制限がない(取引所別ならあるかも)

デメリット
・通貨保証がない
・オフラインでの売買に弱い(ビットコイン紙幣は出てるみたいだが)
・基本オンラインなのでセキュリティ面で不安
・無くしたら無くしっぱなし

------------------------------------

まあ、中央機関(非中央機関)でメリットがデメリットになりデメリットがメリットになったりします。
仮想通貨 | コメント(0) | トラックバック(0)

仮想通貨(ブロックチェーン)勉強②

2017年04月21日
信用創造とシステミックリスクについて

-----------------------------------------------
・信用創造
今まで信用創造知らなかったけど、これ考えた人は凄いな~
普段銀行利用してて思いつかなかったよ

※準備預金10%
①Aさん → A銀行に1億預金 
②A銀行(Aさん口座のお金) → Bさんに9000万貸付
③Bさんの口座にA銀行から貸付9000万入金
④A銀行(Bさん口座のお金)→ Cさんに8100万貸付
⑤Cさんの口座にA銀行から貸付8100万入金
⑥A銀行(Cさん口座のお金)→ Dさんに7290万貸付
・・・・・

で最終的にA銀行に10倍の約10億の預金額(Aさん口座+Bさん口座+Cさん口座・・・・)になります
準備預金率を下げればもっとお金が増えます!

逆に上の状態でAさんが1億返してと言ってもBさん以下からお金を返してもらわないといけなくなります

・システミックリスク

簡単に言うとお金などのまた貸しで決済が予定通りに行われなくなったら金融システム全体に影響を及ぼすリスク

①A銀行→B銀行へ10億貸付
②B銀行→C銀行へ10億貸付
③C銀行→D銀行へ10億貸付
④D銀行→E会社へ10億貸付

E会社倒産→D銀行がC銀行へ10億決済出来ない→C銀行がB銀行へ10億決済出来ない
→B銀行がA銀行へ10億決済出来ない、、、みんな決済が出来ず混乱となります。

-------------------------------------------------
仮想通貨 | コメント(0) | トラックバック(0)

仮想通貨(ブロックチェーン)勉強①

2017年04月21日
正直仮想通貨の知識が余りないので記事にして理解を深めて行こうと思います
色々ただ読むだけでは無く実際に記載して理解してるかを確認する為です。
※基本プログラミングなどの技術的な部分ではなく流れやシステム内容になります

--------------------------------------------------

ビットコインが登場してここまで仮想通貨が盛り上がってきたのですが
そもそもどうしてビットコインが作りだされたのでしょうか?
また、通常のお金と何が違うかを考えます。

通常お金・紙幣は中央機関(中央集権)が作り管理を行っておりますが
ビットコインは中央機関がありません!大雑把に言うとそれだけです。

・日本円は日本銀行が中央機関
・電子マネーのSuinca/ICOCAは東西JRが中央機関
・AmazonポイントはAmazonが中央機関
・ゲーム内の課金したお金はゲーム会社が中央機関
・他楽天ポイント-WAON-iTunesなど

ただ、ビットコインは中央機関がないから凄いのか!と言うとそれも違います
Picsyやi-WATなど中央機関がない物がビットコイン前からあったみたいです。

なぜビットコインが優れているかは通貨問題で知られる信用創造とシステミックリスクに対してほぼ対応しているためです
-----------------------------------------------------
次回は信用創造とシステミックリスクについて
仮想通貨 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017/04/21 取引

2017年04月21日
本日-60000円

う~ん、、、残念
株取引 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |