01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

初めてのUSバンク&US証券⑤

2019年04月12日
遂にFirstradeでユニオンバンクとのACH設定が終わりました!!

無料?でFirstradeから数十円程度ユニオンバンクに振り込まれてて
その金額を入力すれば完了となりました。

FirstradeAch.jpg

これで設定上は全て終わったと思います、
色々参考ブログなどはあるがどれも少し古く内容が微妙に違ってますね。

あとは送金出金確認して本格的に入金します。
初めてシリーズ | コメント(0) | トラックバック(0)

初めてのUSバンク&US証券④

2019年04月04日
ようやく、ユニオンバンクまで入金されました。

ユニオンバンク①

Transferで本人確認で時間がかかった(住所が違うのとメールが来てた)が
取り敢えず、初めて海外送金致しました!

次は数十万送金して着いたら、ユニオンバンクからFirstradeに送金してみます。
初めてシリーズ | コメント(0) | トラックバック(0)

初めてのUSバンク&US証券③

2019年03月29日
ユニオンバンクからATMカード・PINコードの書類が届きました。

入金手続きを進めています
入金方法は100万までを目安ならTransferWiseが良いと
どこのブログにも記載していますので、TransferWiseでの送金を行ってみます

TransferWise入金

始めは少額でのテスト送金で、2回目以降は自宅への書類到着確認後に本格的に送金する予定です。
初めてシリーズ | コメント(0) | トラックバック(0)

初めてのUSバンク&US証券②

2019年03月26日
記載忘れましたが、先週ユニオンバンクの口座開設完了通知が到着しました!

まだ、ATMカードやPINコードなどはまだで、
来たら初めは三菱UFJから送金してみる予定です

USA証券会社の方はFirstradeからパスポートと署名が違うと怒られメールが来て
再度提出しました。。
初めてシリーズ | コメント(0) | トラックバック(0)

初めてのUSバンク&US証券①

2019年03月15日
先日アメリカ銀行のユニオンバンクを申込しました。

そして、今日アメリカのカリフォルニア州から電話がありました。
良く分からない番号からでしたが、
iPhoneで大凡の住宅が表示されカリフォルニアだったので、申し込み中のユニオンバンクと直ぐ分かりました。

日本語での対応で、日本に居てアメリカの銀行口座開設が出来るのでアメリカ口座を作る場合は現時点でユニオンバンク一択です!

来月4月には取引開始出来そうです。

ユニオンバンク経由で米国証券会社に送金予定です。

初めてシリーズ | コメント(0) | トラックバック(0)

初めての入居者対応

2018年11月06日
入居者さんと初めてやり取りしました。
いや、最初の窓口は不動産屋にはなるのですが
こちらから連絡して色々質問&要望を頂きました

家や内装の事は工務店さんに対応をお願いして
外構はこちらでやらないといけません。
・防草シート上の砂利が少ない部分がありシートが見えてる所がある
・駐車場横隙間がある
・入口にタイルをもう一つ置いて欲しい
・玄関横の隙間にもう少し砂利を

いや、感じ的には素朴な質問何で、
砂利引けば済む話しなのに
雑になってしまったかなと反省です。
初めてシリーズ | コメント(0) | トラックバック(0)

初めての決算報告⑤(まとめ)

2018年04月12日
各申告書を提出し税金を支払って来ました。
※申告書は控え用として2部印刷した方が良いです。

20180412135215b53.jpg

これで初めての決算報告は終了となりました。

税務署員に最後相談&確認してもらいましたが
作成した資料が全く問題無いと言っていただいたのでホッとしました。

と、言っても創業費・開業費しか無いので最低限の記載しか無いですが、、、

利用ソフトは会計ソフトはfreee(ライトプラン)月1980円(税抜)、
申告書作成は全力法人税:年17820円(税抜)で作成しました。

まず、申告書を作成する場合はコスト的にも現時点では全力法人税一択でした。
他にもあるのですが年5万以上や安くても弥生パッケージのみの楽々法人税などです
更に、全力法人税はfreee、MF(マネーフォワード)、弥生オンラインのデータが取り込めると
現時点では最強に感じました(そもそも自分で作成する人は少ないが)

会計ソフトはクラウドかパッケージで別れますが、マイナーじゃなければ何でも良いかも
ただ、今後税理士と付き合う場合は税理士指定のソフトになる可能性が高そう。

作業難易度的には以前の建物表題登記くらいの難易度です。
終わってしまえばなんて事ないんですが、各ソフトの使い方調べたり・勘定科目調べたり・申告書作成方法調べたりと
調べ物&ソフトの使い方で結構時間が取られました。
(建物登記は法務局の呼び出しが平日に2回あったので別の意味で大変だった)

最後に申告書を作って良かったです、小企業なら少しは決算書の記載部分や見る場所が分かったりしましたので
自分で申告するなら、創立後直ぐに決算も勉強の為ありだと思います。

ただ、全力法人税は消費税の申告書に対応してなかったり小規模用と感じ、
また、自己申告だと税務署の印象も悪くなり、税務調査が入って重加算税(0円でも)つけられたら
融資時に印象が悪くなるので、事業が乗ってきたら税理士にお願いするべきとの考えに至ってます。
初めてシリーズ | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »